Orbit保険について

ニュージーランドの保険、orbitのメリットとデメリット


Orbit保険のメリットは「掛け金の安さ」と「手厚い補償内容」です。具体的な金額は後述しますが、例えば医療費無制限補償に1年加入した場合の掛け金は3.5~5.6万円程度、日本の海外旅行保険の1/7~1/4程度です。

また補償内容は日本の海外旅行保険と同じかそれ以上、その詳細は日本語パンフレットで確認できます。

さざんくろす君

Orbit社がここまで安くできるのは「ニュージーランド政府がNZ国内で発生した怪我の治療費用を負担している」というのがメインの理由、つまりOrbitはニュージーランドの税金のおかげで安いのです。

またOrbit社はニュージーランド国内での知名度が高いので、病院受付でOrbit社の証書を出せば言いたいことは全て伝わります。また入院する際も大抵のケースで病院がOrbit社に直接連絡 ⇒ 事務員さんが手続きをしてくれるのもアドバンテージです。

それからOrbit保険はスマホから保険金を請求できるのも大きな魅力です。

具体的には公式サイトのオンライン申請ページに受け取り用の銀行口座や金額などの必要事項を記入 ⇒ 病院や薬局が発行した領収書をスマホで撮影、アップロードするだけです。

特に問題がなければ、保険金は1~2週間で振り込まれます。

そして次にデメリットについて、これは公式サイトが英語で書かれている点くらいです・・・が、Orbit社は日本語パンフレットを用意していますので、補償内容の確認も容易です。つまりデメリットがありません(学生プランの日本語パンフレットはこちらから)。

Orbit社以外のニュージーランドの保険会社のメリットとデメリット

Orbit社以外のニュージーランドの保険会社のメリットとデメリット。

Orbit社以外のニュージーランドの保険会社はユニケア社とSCTI(サザンクロス)社が有名です。そしてこの2社のメリットは、Orbit社と同じで「掛け金の安さ」と「手厚い補償内容」です。

しかしこの2社はOrbit社と違い、決定的なデメリットがあるので注意が必要です。

ユニケアのデメリット

まず第一にユニケア社は途中で一時帰国すると契約解除になる可能性が高いというのが最大のマイナス・ポイントです。たとえば12か月で申し込み ⇒ 1か月経った所で1週間だけ日本に一時帰国した場合、残りの11か月分の契約は自動的に解除されてしまいます。そしてこの11か月分の掛け金は一切返金されません。 正直、利用者側にはデメリットしかないルールです。

さざんくろす君

ユニケア保険は何十年も前から日本の旅行代理店や留学エージェントが扱っていますので、日本での知名度は高いです・・・が、弊社的にはおすすめの保険ではありません。契約解除のルールが一方的過ぎますし、掛け金も地味に高いです。

SCTI(サザンクロス)社のデメリット

次にSCTI(サザンクロス)社ですが、こちらは一般プランの医療費に上限が10万ドルに設定されている点が気になります。これですと例えば治療費が30万ドルだった場合、20万ドルの借金が残ってしまいます。ですからSCTI(サザンクロス)社も選択肢にはなりません。

さざんくろす君

10万ドルは幾らなんでも安すぎます。たとえばニュージーランドでは救急車に乗るだけで800ドルですし、CTを撮るのも500~1000ドル、集中治療室は6000ドル/日程度です。つまり「精密検査&集中治療室で1日過ごすだけ」で1万ドル程度掛かりますので、10万ドルというのは少なすぎます。

ニュージーランドの保険はorbitで一択です

ニュージーランドの現地保険はOrbitで一択です

以上より現地の保険はOrbit社で間違いありません。医療費は無制限補償&掛け金が安い&日本語パンフレットあり、また保険金請求もスマホのみで簡単に手続きできるのは高ポイントです。学生ビザ、ワーホリビザ、観光ビザ、就労ビザ、全てに対応&全てのパターンでベストな保険です。

さざんくろす君

ちなみに弊社をご利用の方ですと、95%以上がOrbit社の保険をご利用になっています。ユニケアやSCTI(サザンクロス)社をご利用になるのは、「学校申し込み時に、英語学校に保険も丸投げするパターン」くらいです。

Orbit社の保険の日本語パンプレット

Orbit社の保険の日本語パンプレット

Orbit 学生プラン / 日本語版パンフレット

Orbit 一般プラン / 日本語版パンフレット

さざんくろす君

両方とも「Lite」は携行品の補償無し、「Prime」は携行品の補償ありです。Liteにご加入される方の割合は学生プランですと3割くらい、一般プランですと4割くらいです。

Orbit社の一般プラン、免責について

Orbit社の一般プラン、免責について

一般プランの治療費補償項目には75ドルの免責があり、この額までは全額自己負担 & この額が最大の自己負担となります。

ですから例えば500ドルの治療を1度受けた場合の自己負担は免責額(=75ドル)のみですし、同様に100万ドルの治療を受けた場合も自己負担額は75ドルだけで残りの99万9925ドルは保険会社の負担です。ちなみに学生プランには免責がありません。

ただし逆に50ドルの治療を10回を受けた場合は500ドル全額が自己負担になります。

さざんくろす君

例えば風邪が長引くなどで「先週から今週にかけて150ドルの治療を3回した」場合、自己負担は75ドルで済む場合がほとんどです。しかし例えば「1月の風邪で150ドル、5月の風邪で150ドル、8月の風邪で150ドルの治療を受けた」場合、自己負担は75ドル@3回になります。

Orbit社の一般プラン、ファーム特約について

Orbit社の一般プラン、ファーム特別について

デイリーファーム(Daily Farm = 畜産系・酪農系ファーム)や工事現場など、危険度の高い第一次産業で働く場合は就労特約(就労カバー)をつける必要があり、掛け金に「Liteプラン料金の2割相当」が加算されます。具体的に、例えば12か月ならば519ドル@2割=103.8ドル=約7266円が追加されます。

ただし第一次産業であってもホーティカルチャー(Horticulture = 園芸系ファーム)での就労は基本プランの補償対象内ですので、就労特約をつける必要はありません。またその他の一般的な職業、例えば販売店やホテルやバックパッカーでの就労、パブやバー 、レストラン、カフェでの就労も、基本プランの補償対象内となっています。

さざんくろす君

フルーツ・ピッキングや園芸系のお仕事であっても、ファームに小さなデイリーファームが併設されている場合は就労オプションをつける必要があります。とりあえずこの点は事前にどうなるのかが分からない部分ですので、「ワーホリで少しでもファームで働く可能性がある場合」などは予め就労特約をつけておくと間違いがありません。

Orbit社のワーキングホリデー専用プランについて

Orbit社のワーキングホリデー専用プランについて

Orbit社の公式ページでは掛け金が更に安いワーキングホリデー専用プランも販売しているのですが、補償内容を確認しますとワーキングホリデー専用プランには医療費の補償額に上限が設けられています。それを考えますとワーキングホリデーでの滞在であっても、ワーホリ専用プランを選ぶのはおすすめできません。

さざんくろす君

航空チケットや両替などは限界まで節約すべきですが、保険の節約は「絶対にNo!」です。そもそもOrbit社の保険は一番高いプランでも1年で6万円弱、ここで「医療費補償額の上限」というリスクを背負ってまで数万円を浮かす理由がありません。むしろ他で節約した分を突っ込むイメージで、保険にはお金をかけておきましょう

もちろん全てはご自身のご判断ではありますが、それでも弊社の20年を超える留学サポートの経験から書きますと、ワーホリ専用プランは選択肢になりません。正直、医療費の補償額に上限がある保険は「本質的には保険ではない」と思います。

ニュージーランドのおすすめ保険、orbitの値段

ニュージーランドのおすすめ保険、Orbitの値段

学生プラン

対象 学生ビザでの滞在、ワーキングホリデービザの就学期間中、観光ビザ(ビザ無し渡航)での就学期間中。

1か月(携行品補償無し)
40ドル(=約2800円)
3か月(携行品補償無し)
100ドル(=約7000円)
6か月(携行品補償無し)
179ドル(=約12530円)
12か月(携行品補償無し)
350ドル(=約24500円)
1か月(携行品補償あり)
71ドル(=約4970円)
3か月(携行品補償あり)
153ドル(=約10710円)
6か月(携行品補償あり)
272ドル(=約19040円)
12か月(携行品補償あり)
510ドル(=約35700円)

一般プランファーム特約無し

対象 ワーキングホリデーでの滞在中、観光ビザでの滞在中、就労ビザでの滞在中。

1か月(携行品補償無し)
111ドル(=約7770円)
3か月(携行品補償無し)
209ドル(=約14630円)
6か月(携行品補償無し)
319ドル(=約22330円)
12か月(携行品補償無し)
519ドル(=約36330円)

1か月(携行品補償あり)
165ドル(=約11550円)
3か月(携行品補償あり)
304ドル(=約21280円)
6か月(携行品補償あり)
452ドル(=約31640円)
12か月(携行品補償あり)
749ドル(=約52430円)

一般プランファーム特約あり

対象 ワーキングホリデーでの滞在中、観光ビザでの滞在中、就労ビザでの滞在中。

1か月(携行品補償無し)
134ドル(=約9380円)
3か月(携行品補償無し)
251ドル(=約17570円)
6か月(携行品補償無し)
383ドル(=約26810円)
12か月(携行品補償無し)
623ドル(=約43610円)

1か月(携行品補償あり)
188ドル(=約13160円)
3か月(携行品補償あり)
346ドル(=約24220円)
6か月(携行品補償あり)
516ドル(=約36120円)
12か月(携行品補償あり)
853ドル(=約59710円)

経験者が選んだプランを参考にする

経験者が選んだプランを参考にする

ワーキングホリデーで英語学校には通わず、ファームで働く可能性が少しでもあるケース

例えばワーキングホリデーでファームで働くかもしれない場合、そしてクレジットカード付帯の保険で携行品のカバーがあるのなら「一般プラン / ファーム特約あり / 12か月(携行品補償無し)」にする方が多いです。これで掛け金は623ドル(=約43610円)/1年間、医療費は無制限補償&携行品はクレカ付帯に頼るイメージです。ワーキングホリデーですとこのパターンが一番多いかな、と思います

さざんくろす君

クレジットカード付帯保険は「日本出発から90日間まで」というケースがほとんどです。しかし荷物の紛失や盗難はNZ到着直後に集中しますので、なんだかんだでクレカ保険は役に立ちます。

ワーキングホリデーで英語学校には通わず、ファームで働く可能性が絶対に無いケース

ワーキングホリデーで英語学校には通わず、ファームで働く可能性が絶対に無いケース

現地で働きたい職種が決まっている場合や十分に資金があるなどでファームで働く可能性がない場合、ファーム特約無しで考えます。

特にクレカ保険に携行品のカバーがあるのなら「一般プラン / ファーム特約無し / 12か月(携行品補償無し)」がベスト、これですと掛け金は1年で519ドル(=約36330円)です。やはり医療費は無制限補償、携行品はクレカ付帯に頼るイメージです。

さざんくろす君

ワーホリでこのパターンを選択する方はあまり多くないのですが、ファームで絶対に働かないのならば、これがベストです。

ワーキングホリデーで英語学校には通わず、ファーム就労ありで携行品補償もカバーする安心プラン

そしてワーキングホリデーでファームで働くかもしれないパターン、またスマホやパソコンやカメラなどで携行品の値段もそこそこ高くなる場合は「一般プラン / ファーム特約あり / 12か月(携行品補償あり)」がベストです。これでも掛け金は1年で853ドル(=約59710円)、医療費は無制限補償、携行品もOrbitでカバーされます。これがNZのワーホリで2番目に多いパターンです

さざんくろす君

6万円/年とお手軽ですが、Orbit社の中で一番手厚いプランです。「慎重派」、もしくは「色々あってよく分からないなぁ・・・」という方は、このプランにしておきましょう。

ワーキングホリデーで英語学校に通う場合の保険

日本からはOrbit学生プランに加入 ⇒ 学校を卒業する2週間前を目安に、現地で一般プランに加入します。つまり例えば3か月の就学をお考えの場合は「3か月の学生プラン(日本で加入)」+「9か月の一般プラン」のように加入します。

さざんくろす君

Orbit社の保険は学校備え付けのパソコンから加入できますし、スマホからも加入できます。出発前は無理せず、学生プランにだけ加入しておけばOKです!

ワーキングホリデーで英語学校に通う場合の保険

観光ビザ(ビザ無し)で観光する場合の保険

クレジットカード付帯の無料保険で携行品の補償がある場合、「一般プラン / ファーム特約無し / 滞在期間(携行品補償無し)」でOKです。それで医療費は無制限補償、安心して旅行を楽しめます。

就労ビザ(Work Visa)で滞在する場合の保険

ワーキングホリデーの後、就労ビザなどでニュージーランドに残る際の保険もOrbitで間違いありません。繰り返しになってしまいますがユニケアは一時帰国で契約が強制解除、SCTI(サザンクロス)社は医療費補償額の上限が10万ドル=700万円なので、どちらも選択肢になりません。

以上より就労ビザでの滞在中も、基本的には「一般プラン / ファーム特約無し / 滞在期間(携行品補償無し)」で大丈夫です。ただしファームや第一次産業で働く場合はファーム特約をありにする必要があります。また楽器やカメラなど高価な携行品がある場合は携行品補償もありにしておきましょう。

ユニケアより安いNZのおすすめ保険、Orbit社の保険の申し込み方法

Orbit保険は公式ページから申し込めます。全手順を日本語に翻訳しましたので、以下をご確認ください。