オークランドのバス事情

ニュージーランドにおける公共交通機関の主役はバスであり、最大都市のオークランドでも移動は市バスがメインです。その他に一部電車も通っていますが、乗客数はバスの1/10にも満たない状況です。

それでは早速オークランドのバスについてご紹介いたします。

オークランドのバスの種類

オークランドのバス、電車の種類

オークランドのバスは循環タイプのリンクバス(Link bus)、路線タイプのメトロ(Metro)、空港専用のスカイバス(Sky bus)、都市間を移動する長距離バス(InterCity)の4つに大別できます。

とりあえず空港バスと長距離バスはいいとして気になるのは循環タイプ(Link bus)と路線タイプ(Metro)、イメージ的には自宅から学校へは路線タイプのメトロで通い、放課後に郊外の繁華街に行く際などにリンクバスを利用する感じです。

ただしリンクバスは周遊地域によって更に何種類かに分かれ、地域によっては自宅からの通勤・通学にリンクバスを使うこともあります。

オークランド市の路線バス(メトロ / Metro)

オークランド市路線バス(メトロ / Metro)

まずは通常の市バス、Metroです。路線はオークランド全域をほぼ網羅していて、市民の通勤・通学に使われています。

基本的にメトロバスで行けない地域はありませんし、ほぼ全てのホームステイ先の徒歩10分圏内にバス停がある状況です。

オークランドで留学 / 生活する場合、まず間違いなく利用することになる公共交通機関の王様です。

リンクバス(Link Bus)

オークランドの中心部を起点に環状運行をする循環バスです。中心部内を小さく循環するルートと少し離れた繁華街を巡るルートがあり、現地生活に慣れるにつれて利用するシーンが増えていきます。

シティリンク(CityLink)

シティ中心部だけをぐるぐる回ります。地元民的には「港からKロードまで」という感じです。イメージカラーは赤です。

シティリンク(CityLink)

平日は朝06:00から深夜まで、7~8分おきで運行しています。運賃は1ドル/回ですが、Metroや他のLinkバスと組み合わせた場合は無料になります。

インナーリンク(InnerLink)

シティ中心部からちょっと離れた街々を巡回します。ルートは「パーネル、ニューマーケット、ポンソンビー、カジノ、ブリトマート駅」です。イメージカラーはグリーンです。

インナーリンク(InnerLink)

平日は06:10AMから深夜まで10~15分おきの運行、運賃は通常の市バスと同じくゾーン制です。

アウターリンク(OuterLink)

アウターリンク(OuterLink)

シティ中心部から割と離れている地区を大きく巡回します。

「パーネル、ニューマーケット、マウントイーデン、セントルークス、マウントアルバート、動物園、港側、オークランド大学」というルートで、イメージカラーは黄色です。

平日は06:00AMから深夜まで10~15分おきの運行、運賃は通常の市バスと同じくゾーン制です。

タマキリンク(TāmakiLink)

ブリトマート駅を出発して東の海沿い、タマキドライブを行くルートです。「ブリトマート駅、水族館、ミッションベイ、コヒマラマ、グレンイン」というルートで、イメージカラーはブルーです。

平日は05:30AMから深夜まで15分おきの運行、運賃は通常の市バスと同じくゾーン制です。

リンクバス(Link Bus)のマップと公式サイト

リンクバス(Link Bus)のマップ

またオークランド交通局の公式サイトは以下をご確認ください。各リンクのルートマップや運賃などの最新情報を確認できます。

オークランド空港バス(Sky bus)

空港バス

オークランド国際線空港および国内線空港からシティ中心部まで、直通の専用バスが走っています。片道20ドル前後とお手軽ですし、早朝から深夜まで頻繁に運行していますので、市内から空港に向かう際に第一の選択肢になります。

ちなみに空港から市内に移動する方法につきましては、以下のページをご確認ください。

長距離バス(インターシティ / InterCity)

長距離バス(インターシティ / InterCity)

オークランド、ハミルトン、ロトルア、ウェリントンなど、主要都市を結ぶ長距離バスです。

利用方法は日本と同じで基本的にはWeb予約 ⇒ 当日、専用ターミナルからバスに乗り込み ⇒ 高速道路で目的地に行く流れです。

運賃は距離に比例しますが季節や出発時刻、また事前予約の時期によっても大きく変わります。たとえばオークランド ⇒ ロトルア(約240㎞)も3か月前の予約&早朝であれば30ドル程度、前日の予約ならば60ドルなどになります。

AT Hop カード

オークランドの市バスと巡回バスに乗る際には、AT Hopカードが便利です。これは日本のJRに対するSuicaの位置付けで、この1枚でバス、電車、フェリーの運賃を支払えます。ちなみに値段は10ドル & オンライン登録が必須です。

また運賃を AT Hop カードで払うと現金より割安になりますので、ニュージーランド到着後すぐに作っておきましょう。

さざんくろす君

留学をされる方はこの点、スルーでOKです。登校初日のオリエンテーションで説明がありますし、その後、他の学生と一緒に手続きするのが友達作りの王道です。

手続きとしてはまず最初に10ドルでAT HOP Card(ATホップカード)を購入 ⇒ 20ドルなり50ドルをチャージします。ちなみに残高はオンライン登録後、クレジットカードで簡単にチャージできます。

At Hop カードはどこで売っているの?

駅ターミナル内のサービスセンターやコンビニ、書店などで売っています。ちなみに販売店はリスト化されていますが分かりづらいので、以下のマップをご確認ください。

AT モバイル

AT Mobile はルート検索や運賃の検索、また At Hop カードの残額チェックができるアプリです。なんだかんだでルート検索する機会は多いので、これを機会に入れておきましょう。

バスの乗り方、降り方

バスや電車の乗り方、降り方01

バスは基本として「前のドアから乗って後ろから降りる」パターンです。ただしラッシュ時や始発時には前から降りることもあるなど、かっちりと決まっているわけではありません。

またドアを入ってすぐの所に画像のようなタッチポイントが設置されています。

日本の交通系ICカードと同じように、この機械で乗った場所と下りた場所を管理しています。

乗る際のタッチをTag on (タグオン)、降りる際のタッチを Tag off(タグオフ)と呼んでいます。前のドアでも後ろのドアでも、タグオン / タグオフが可能です。

バスや電車の乗り方、降り方

タッチポイントにカードを触れさせればタグオン完了 ⇒ バスを降りる際に再度タッチするだけでOKです。

特に難しい点はありませんが、最初は他の乗客のやり方を見ながら対応していきましょう。

バス、電車の料金

オークランドのバスや電車の運賃は、距離に比例して高くなります。また AT Hop カード払いよりも現金払いの方が運賃が高く、例えば同じ距離の移動でも At Hop カード払いならば2ドル、現金払いは3.5ドルとなっています。

オークランドのバス料金はゾーン制です

またオークランド地区を中心部からの距離によってゾーンに分け、「幾つのゾーンにまたがる移動だったか?」で最終的な運賃を決定しています。詳細は以下の最新情報をご確認ください。

オークランドのバスの定期券は高額です

オークランドのバスにも定期券があるのですが路線ごとの定期ではなく、「1か月の乗り放題チケット」というシステムです。そのためバスの定期券は215ドル/月と高額であり、比較すると定期を購入しない方が安上がりになる路線も多く存在します。

この点も各校、登校初日のオリエンテーションで説明がありますので、登校時にバス代金が幾らだったと合わせて、どちらが得かを考えていきましょう。

At Hop カードには学割があります

17週以上の就学の場合、学生証に AT Hop カードの学割IDが付与されます。

その学割ID付き学生証を持ってブリトマート駅(Britomart)などのサービスセンターに行くか、もしくはオークランド交通局のサイトからログイン ⇒ ATホップカード番号にコードIDを登録 ⇒ 学生料金が適用となります。

さざんくろす君

サイトの手続きは割と面倒ですので、サービスセンターの係員さんに頼むのがベターです。ブリトマートやアルバニーやニューマーケットなど、大きなターミナルにある「Customer Service Centre」で依頼しましょう。

オークランドのバス情報のまとめ

オークランドの公共機関はバスがメイン、具体的には循環タイプのリンクバス(Link bus)、路線タイプのメトロ(Metro)、空港専用のスカイバス(Sky bus)、都市間を移動する長距離バス(InterCity)の4つに大別できます。

またオークランドのバス利用には AT Hop カードが便利です。ブリトマート駅などで購入して、クレジットカードでチャージしながら使います。

告知|新型コロナウィルスのニュージーランド留学とワーキングホリデーへの影響

ニュージーランドの学生ビザとワーキングホリデービザについて、審査再開の目処はたっていません。今後また新型コロナ情報に動きがあり次第以下のページで一括してお知らせいたしますので、これを機会にブックマーク登録をお願いします。

おすすめ|情報強者の出発準備

留学する人にも、しない人にも。
留学する人にも、しない人にも。

以下、「知らないと損をする系」の情報です。

その中でも特にクレジットカード付帯の無料保険と現地保険の効率的な保険の組み合わせパターンと日本の年金や住民税の節税マニュアルは知っておくだけで10万円単位の節約に繋ります

あとで後悔しないために、この2つだけはチェックしておきましょう。