IRDカード(IRD番号)申請方法

重要ポイント 現在、マイナンバーが無いとIRDカードの申請が出来ません
マイナンバーカード原本は必要ありませんが、必ず個人カード(もしくは通知カード)の表裏両面のコピーを取り、現地までお持ち下さい。
IRD番号=税金管理番号です
IRDカード(IRD番号)申請方法

IRDカードとは【納税者管理番号(IRD番号)】が記載されている税務カードの事で、ニュージーランド国内で就職する際に必要になります

申請から発給まで通常は2~3週間掛かりますので、現地での就職をお考えの方はニュージーランド到着後すぐに申請しておきます。

IRDカード(IRD番号)申請書の記入方法

以下のページから申請書類をダウンロード ⇒ 印刷します(印刷は英語学校のカウンセラーさんにご依頼下さい)。

画像の赤丸にある【 Download > 】をクリックしてファイルを開き、印刷します。

IRDカード(IRD番号)申請方法 02

以下を参考にしながら、申請用紙に必要事項を記入します。

【1】 家族による代理申請をしていますか?

ご自身のIRD番号を申請する場合は空欄にしておきます。

【3】 生年月日

「日、月、年」の順で記入します。

【4】 旧姓

旧姓がある場合は、ご記入下さい。

【5】 現住所

申請からカードの発行まで通常、2~3週間掛かります。
もしもホームステイ期間が残り4週間以上あるのならばホームステイ先の住所で構いませんが、ステイ期間が残り4週間未満の場合はフラットに引越した後、フラットの住所で申請します。

IRDカード(IRD番号)申請方法 03
【6】、【7】 連絡先について

携帯番号、メールアドレスを記入します。
また「7b」にチェックを入れておきますと、IRD番号がメールで送られてきます。

【8a】 IRD番号の申請理由

画像の場所にチェックすれば、「ニュージーランド国内で働く為(For employment in New Zealand)」という理由になります。
ちなみに【8b】はニュージーランドで不動産を購入するご予定のある方の記入欄ですので、通常は空欄で問題ありません。

【9】 マイナンバー記入欄

「Most recent・・・(直近の・・・)」と訊かれていますので、住民票を抜いて失効している状態であってもマイナンバーと国名を記入します。
またもしもマイナンバーをお持ちで無い場合、その理由を記入する必要があります。

【10a】 銀行口座番号

ニュージーランドの銀行口座番号を記入します。
Suffix が2桁の場合は図のように左詰めで記入します。

【11】 税金区分

「海外の収入に関する税金控除を受ける資格がありますか?」という質問です。通常は「No」になります。

IRDカード(IRD番号)申請方法 04
【12】 就労区分

こちらも通常の就労であれば「neither」になります。

「Signature」欄

パスポートと同じサインを入れ、日付を記入します。
英語のサインならば英語のサイン、漢字のサインならば漢字でサインをします。

IRDカード(IRD番号)申請方法 05
マイナンバーについての追記です

出発前に海外転出届を出している場合、マイナンバーは失効状態にあります。
この点は日本政府/内閣府のホームページ上で「A2-8-2 : 住民票を除票して海外に転出した人には個人番号は付番されません。この間に個人番号が必要となる手続きをしなければならない場合は、空欄で提出してください」という文章を確認出来ます。

ただし申請書で訊かれているのは「Current TIN(現在のTIN)」ではなく「Most Recent TIN(直近のTIN)」ですので、この欄にはマイナンバーを記入するのが一般的な解釈です。

以上を踏まえつつ何らかの理由でマイナンバーを記入しない場合は、その理由をIRDにご申告下さい。

IRDカード(IRD番号)申請の必要書類

申請に必要な書類は以下の通りです。

IRD番号の申請書

上記の申請書に必要事項を記入して、提出します。

現住所の証明 (

学校が発行する現住所証明書類で問題ありません。
これは学校カウンセラーさんにお申し出頂ければ、すぐに印刷して貰えます。

銀行の取引履歴明 (

最低でも1回ずつの「預金」と「払い出し」の履歴が必須です
つまり「100ドルを預けて20ドルを引き出している」といった履歴が必要になります。

銀行の取引履歴はオンライン・バンキングで履歴を表示 ⇒ その画面を印刷します。

上記の2点のの書類は、Bank statement 1枚で代用可能です
IRDカード(IRD番号)申請の必要書類

ANZ銀行であればインターネットバンキングにログイン ⇒ 「Documents」タブ ⇒ 「Statements」を選択すると、現住所が記載された書類をダウンロード出来ます。

この書類の氏名、住所、銀行口座番号、直近の取引が確認出来る部分を印刷をします。

パスポート原本

申請時に係員さんに提示します。
申請後すぐに返して貰えますので、ご安心下さい。

パスポートの顔写真&サインがあるページのコピー

コピーは他の書類と一緒に提出します。

ビザのコピー

これも他の書類と一緒に提出します。

上記のコピーや書類の発行・印刷につきましては学校のカウンセラーさんに頼めます。

ちなみにニュージーランド到着後すぐに銀行口座開設 ⇒ IRDカードの申請を終えるのが一般的で、早い方ですとコース開始後1週間以内に手続きを終え、3週目にIRDカードを受け取っています。

IRDへの申請

全ての書類をお近くの郵便局、もしくは【AA】というニュージーランド自動車協会のオフィスに提出します。
通常であれば郵便局で良いかと思います。

画像データでも保存しておきましょう

IRDカードは申請後2~3週後に封書で届きます。
また大切なのはカード本体ではなく番号ですので、IRD番号は手帳にメモした上で、スマートフォンやパソコンなどに分散して保存しておきましょう。

運転免許証の書き換え