IRDナンバー(IRD番号)の申請方法

IRDナンバーとはニュージーランドの納税者管理番号(IRD番号)のことで、NZ国内で就職する際に必要になります。オンラインでも申請できますが失敗するケースが多いので紙の申請がベターです。

また必要書類に銀行の取引明細 Bank Statement がありますので、IRD番号を申請する前に銀行口座の開設が必須です。更に発給後は銀行に番号を申告し、日本帰国時には抹消手続きが必要です。

IRDナンバーは申請準備から発給まで1~3週間程度掛かりますので、現地での就職をお考えの方はニュージーランド到着後すぐに銀行口座を開設 ⇒ 申請するのをおすすめします。

IRDナンバーのオンライン申請ができない!?

IRDナンバーのオンライン申請ができない!?

IRDナンバーはオンラインでも申請できますが、手順通りに手続きを進めても何故か上手く行かないことが多いです。それで弊社では紙ベースでの申請方法をおすすめしています。

いちばん多いのは Application Number で弾かれるパターン、またオンライン申請を完了 ⇒ 2週間待っても番号が発給されないケースも目立ちます。

いずれにせよIRDナンバーのオンライン申請はできないことが多いです。実際にとてもトラブルが多いので、IRD(ニュージーランド税務局)自身が「オンラインのIRD番号申請がうまく行かない場合」というページを作っています。

さざんくろす君

そしてこのページには解決策として「紙で申請してください」と書いてあります。オンライン申請の運用が軌道に乗るまで、もう少し時間が掛かりそうです。

IRD番号の申請ができない場合の解決方法

IRD番号の申請ができない場合の解決方法

もしも Application Number が通らないなどでIRD番号のオンライン申請ができなかった場合は、後述する手順で紙ベースの申請をします。オンラインで弾かれたケースでも紙で申請すれば通ります。

またオンラインでのIRDナンバー申請が完了していて番号が届かない場合は、以下のページからIRD番号の問い合わせができます。トラブルの原因がシンプルなものであれば、1~2日で番号が届きます。

それでも問題が解決しない場合はIRDのオフィスに行く必要があります。具体的には必要書類を全て持って窓口で相談 ⇒ その場で手続き ⇒ 1~3営業日以内にEメールと携帯メールでIRD番号が届くケースが多いです。

電話とオンラインで相談しても最終的には解決しますが、原因の特定までに時間がかかることあります。税金関係は取り扱いが慎重ですから、一度揉めてしまったケースは全書類を持ってIRD職員さんにお任せするのがベターです。

IRD関係の相談先オフィス

IRDの申請先オフィス

以上より基本、「つまづいたらIRDオフィスに行く」というのがポイントになります。

そしてクライストチャーチですとIRDのオフィスは病院の近く、CBDの少し外れになります。

オークランドですと Takapuna が一番近いオフィスです。シティ中心部にはオフィスがありません

ちなみにお近くのIRDオフィスの住所は通常の検索では中々に出てきませんので、google mapで「ird + 地域名」で調べます。たとえば Nelson であればこんな感じです。バーガーキングの向かい、街中ですね。

なるべく早くIRD番号が欲しい場合

お急ぎの場合はIRDのオフィスに直接ご相談ください。全ての書類が完璧に揃っていれば最短、翌日の発給もあります。

さざんくろす君

オンラインで申請 ⇒ 問題が無ければ2~3日で発給しますが、やはりトラブルや書類の不備が怖いです。急ぎならばやはりオフィスに相談するのが正解、書類を完璧に揃えた上で受付の方に「急いでいる。すぐにIRDナンバーが必要」と伝えてみましょう。

IRDナンバー(IRD番号)申請書の記入方法

IRDナンバー(IRD番号)申請書の記入方法

IRD公式のページ下段付近、「Other ways to do this」 ⇒ 「IRD number application – non-resident/offshore individual」をクリック ⇒ 申請書類を印刷します。印刷は日本でしておくか、英語学校のカウンセラーさんにご依頼ください。

2020年12月の時点で最新の申請書はこんな感じです。おそらく上記のリンクと同じだとは思いますが、必ず上記から最新のものをダウンロードしてご利用ください。

その後、以下を参考にしながら、申請用紙に必要事項を記入します。

【1】 家族の為の代理申請ですか?

ご自身のIRD番号を申請する場合は空欄のままにしておきます。

【3】 生年月日

「日、月、年」の順で記入します。

【4】 旧姓

旧姓がある場合は、ご記入下さい。

【5】 現住所

郵送での受け取りを選択する場合、申請の2週間程度後にIRDから手紙が届きます。

IRDカード(IRD番号)申請方法01
【6】、【7】 連絡先について

携帯番号、メールアドレスを記入します。

また「7b」にチェックを入れることで申請から数日~1週間程度でIRD番号がEメールと携帯メールで送られてきます。ちなみに更に郵送でIRD番号のお知らせされるケースもありますし、郵送でのお知らせが届かないケースもあります。

【8a】 IRD番号の申請理由

画像の場所にチェックすれば、「ニュージーランド国内で働く為(For employment in New Zealand)」という理由になります。ちなみに【8b】はニュージーランドで不動産を購入するご予定のある方の記入欄ですので、通常は空欄になります。

【9】 マイナンバー記入欄

「Most recent・・・(直近の・・・)」と訊かれていますので、住民票を抜いて失効している状態であってもマイナンバーと国名を記入する必要があります。必ずご記入下さい。

【10a】 銀行口座番号

ニュージーランドの銀行口座番号を記入します。Suffix が2桁の場合は、図のように左詰めで記入します。

【11】 税金区分

「海外の収入に関する税金控除を受ける資格がありますか?」という質問です。通常は「No」になります。

IRDカード(IRD番号)申請方法02
【12】 就労区分

こちらも通常の就労であれば「neither」になります。

「Signature」欄

パスポートと同じサインを入れ、日付を記入します。パスポートが英語のサインならば英語、漢字のサインならば漢字でご署名ください。

IRDカード(IRD番号)申請方法03

IRDカード(IRD番号)申請の必要書類

IRDカード(IRD番号)申請の必要書類

申請に必要な書類は以下の通りです。

IRD番号の申請書

上記を参考に必要事項を記入して提出します。

銀行の取引履歴(Bank statement)(※注

ANZ銀行であればインターネットバンキングにログイン ⇒ 「Documents」タブ ⇒ 「Statements」で、現住所が記載された取引履歴をダウンロードできます。

また履歴は「最低でも1回ずつの、金額の違う(預金)と(払い出し)の履歴」が必須です。つまり「100ドルを預けて20ドルを引き出している」といった履歴が必要です。

現住所の証明

※注:銀行の取引履歴(Bank statement)を用意できない場合のみ、現住所の証明が必要です。

現住所証明は学校が発行するホームステイ詳細で大丈夫です。留学しない方はフラットオーナーやホテルのマネージャーなどに一筆書いてもらう必要があります。

銀行の取引履歴明

※注:銀行の取引履歴(Bank statement)を用意できない場合のみ、別途取引履歴の証明が必要です。

銀行のオンライン・バンキングで「100ドルを預けて20ドルを引き出している」といった履歴を表示 ⇒ その画面を印刷します。また同じページで銀行口座番号も確認できるよう、ご注意下さい。

パスポート原本

申請時に係員さんに提示 ⇒ すぐに返して貰えます。

パスポートの顔写真&サインがあるページのコピー

コピーは他の書類と一緒に提出します。

ビザのコピー

これも他の書類と一緒に提出します。

上記のコピーや印刷は学校のカウンセラーさんに頼めます。留学されない方は公共の図書館で印刷するのが一般的です。

ワーホリですとニュージーランド到着後すぐに銀行口座開設 ⇒ IRDカードの申請を終えるのが一般的で、早い方ですと1週目に全ての手続きを終え、2週目にはIRD番号を受け取っています。

IRDナンバーの申請先

IRDのオフィスであれば話が早いですし間違いもありません。こちらを参考にしながら、お近くにオフィスが無いかをご確認ください。

IRDナンバーの申請先

その他、お近くの郵便局(NZ Post)、もしくは「AAセンター」というニュージーランド自動車協会のオフィスでも申請を受け付けています。NZ Post は以下のリンクからお近くの郵便局を検索できます。

またAAセンターは以下から検索できます。

基本的にAAは「AA Auto Centre」で申請を受け付けています。「AA Vehicle Testing」は取り扱いがない可能性がありますので、事前に電話でご確認ください。

IRDナンバー発給後は銀行に番号を伝えます

IRDナンバー発給後の手続き

IRDナンバーの申請後、通常は数日~1週間程度で番号だけが先にEメールや携帯電話のテキスト(ショートメール)で届きます。この状態ですでに就労可能です。

また更に1週間程度後に紙のIRDカードが封書で届きます。ちなみに大切なのはカード本体ではなく番号ですので、IRDナンバーは手帳にメモ & スマホやメールなどに分散して保存しておくと良いでしょう。

さざんくろす君

郵送でIRDカードが届かないケースもぼちぼちあります。わりとアバウトです。

その後、できるだけ早い段階で銀行にIRDナンバーを伝えます。手続きは支店窓口で5分程度で完了 ⇒ そうすることで利息に掛かる税金がぐっと減ります。

IRDナンバーが記載された正式な証明書の取得方法

「RealMe」に登録している場合、IRDナンバーの正式な証明書は「myIR」経由で簡単に印刷できます。

まずは以下のIRD公式から「myIR」にログイン ⇒

Home の 「I want to…」欄 ⇒ Review my IRD numbers ⇒

IRD番号の印刷

開いたページの「Print main IRD number」をクリックで以下のような正式書類を印刷できます。

IRD番号の証明書

留学されている方はカウンセラーさんに頼んで印刷、留学されない方は公立図書館などで印刷できます。

IRDナンバーを取得した後、すぐに働くために

IRDナンバーが発給されるまでにCV(英文履歴書)を作成して、働き口を探しておきます。

特にファームジョブは働くための準備 / 必要なものの購入に時間がかかりますので、事前の準備が必須です。

日本に帰国する前にIRDナンバーは抹消手続きしておきます

日本に帰国する際のIRDナンバーの取り扱いには色々な考え方がありますが、もっとも無難なのは休眠手続きしておくパターンです。そうすることでその後、ニュージーランドの税務署からの連絡は一切なくなります。

この点はニュージーランドを去る前の税務手続き、Tax Return(タックスリターン)の申請方法で詳しくご紹介していますので、以下をご確認ください。

日本に帰国する前にIRDナンバーは抹消手続きしておきます

告知|新型コロナウィルスのニュージーランド留学とワーキングホリデーへの影響

ニュージーランドの学生ビザとワーキングホリデービザについて、審査の再開は2021年05月以降になると正式な発表がありました。今後また新型コロナ情報に動きがあり次第以下のページで一括してお知らせいたしますので、これを機会にブックマーク登録をお願いします。

おすすめ|情報強者の出発準備

以下、「知らないとトラブルになる系」と「知らないと損をする系」の情報です。最悪、ここだけはチェックしておくのをおすすめします。