【最低賃金、有給、税率、法律、権利】ニュージーランドでアルバイトや就職する際の注意点 – ワーホリの平均的な収入など

ニュージーランドで働く際には労働者の権利を知るのが重要です。NZでは就労関係の法律がアルバイトにも適用されますのでトラブルを避けるために有給、最低賃金、祝祭日の手当、トライアルの給料を確認する必要があります。

このページでは就職先の探し方、ワーホリの代表的な就職先、留学中の仕事、所得税、タックスリターン、保険までを包括的に考えます。

2022年度のニュージーランドの最低賃金

ニュージーランドの最低賃金

ニュージーランドの最低賃金は2021年04月01日以降、税込みで20.00ドル/時間です。詳細はNZ労働省のサイトで紹介されています。

ただしここから12~15%程度が源泉徴収されますので、実際の手取りは平均で17.00~17.50ドル程度になります。

ニュージーランドの所得税の税率

ニュージーランドの所得税は累進課税方式で14000ドル/年までの所得税は10.5%、14001ドルから48000ドルまでは17.5%です。しかし所得税の源泉徴収税率は勤務先により若干の違いがあり、最終的には年末調整(タックスリターン)で過不足が調整されます。

ニュージーランドの所得税の税率

またタックスリターンはニュージーランドを去る際にIRDに対して申請します。詳細は以下にまとめましたのでご確認ください。

ニュージーランドの所得税の仕組み

ニュージーランドの所得税の仕組み

例えばレストランAでは従業員の給料から14%を源泉徴収 ⇒ 額面20.00ドルのアルバイトですと手取りは17.20ドル/時間です。またレストランBでは15%を源泉徴収 ⇒ 手取りは17.00ドル/時間です。

この状況で500時間の就労 = 10000ドルの収入があった場合、A社でもB社でも過払い分の税金がタックスリターンで返金されます。

具体的にA社であれば「支払った14% – 正確な税率10.5%=過払い分の3.5%、350ドル」が返金され、B社は4.5%の450ドルが返金されます。

さざんくろす君

タックスリターンの調整により、最終的な手取りはA社とB社で同額になります。

14000ドル/年を超えた所得には17.5%の所得税が掛かりますので、例えば年に2万ドル稼いだ際の正確な所得税額は2100ドルです。同様に3万ドル稼ぐのならば3850ドルです。それを見越して企業側は源泉徴収を少し多めの12~15%程度に設定しています。

その他、毎月の収入によって源泉徴収の割合を細かく変える会社も多いですし、祝日出勤の手当などもあります。しかしいずれにせよワーホリや学生ビザでの就労ですと、「給料明細の手取りは17.00~17.50ドル程度」に落ち着くことが多いです。

ニュージーランドでアルバイトをする際に認められている権利

ニュージーランドでアルバイトをする際に認められている権利

まず祝祭日に働いた場合、時給は1.5倍以上になります
これは正社員でもアルバイトでも平等に認められている基本的な権利ですので、もしも給料に反映していない場合は雇用者に請求可能です。

また有給休暇も、アルバイトで認められている権利です
ですから給料明細には「leave(有給休暇の日数 or 時間)」や「Pay-as-you-go(有給の給料組み込み)として8%以上の有給手当」が、基本給とは別に追加記載されていなければなりません。

それからトライアル期間であっても、最低時給は保証されます
例外は「17歳以下の就労」と「大学の専門コースや資格取得のために、年60単位以上を取得できる限定されたトレーニングコースで働くケース」くらいですので、一般的なレストランやカフェなどでの就労で最低時給を下回る契約は労働法違反です。つまり就職後、1時間目から最低時給が適用されます。

以上を踏まえつつ、ニュージーランドを離れる際のタックスリターン(ニュージーランドの確定申告)にも備えて給料明細は大切に保管し、更に毎日の就労時間をカレンダーにメモしておくと間違いがありません。

ニュージーランドの就職は「離職を見越した準備」がキーポイントです

ニュージーランドの就職は「離職を見越した準備」がキーポイントです

ニュージーランドでも就職する際に気を付けるポイントは、「就労条件のチェック」です。後々の雇用トラブルを避けるために支払い方法や就労条件を書面化し、雇用者側の同意を得る必要があります。

  • いつから働くのか
  • 給料は幾らなのか
  • 給料の支払日はいつになるのか
  • 祝日出勤(holiday pay)と有給休暇(leave)について
  • 離職の何週前までに、退職する意思を伝えるべきか

とりあえずこの点を書面、もしくはメールにして、雇用者からの同意を控えておきましょう。

ニュージーランド到着後、すぐには働けません

ニュージーランド到着後、すぐには働けません

ニュージーランドで働くためには携帯電話、銀行口座、IRDナンバーの3つが必要です。

この3つを揃えるのに早くて10日、通常であれば3週間程度はかかりますので、余裕をもって「最初の1か月は観光する」、「英語の勉強をする」と考えておくと間違いありません。

NZ到着日にSIMカードを購入 ⇒ 月曜の朝一で銀行口座開設をオンラインで予約 ⇒ 空いていればその週に銀行口座ゲット ⇒ 100ドル預けて20ドル引き下ろし ⇒ 取引履歴を印刷 ⇒ 郵便局で申請 or オンライン申請 ⇒ 数日後にIRD番号がメールで届く流れです。

いずれにせよ就労するのは全てが上手く行った場合でも到着の10日後、普通に手続きを進めた場合は2~3週掛かるものとお考えください。

ニュージーランドのワーキングホリデーの代表的な就職先

ニュージーランドのワーキングホリデーの代表的な就職先

ワーキングホリデーですと「日本食レストラン」、「ツアーガイド」、「お土産物屋」、「フルーツピッキング(ファーム)」の4つが代表的な就職先です。この4つであれば探して見つからないことはまずありません。

またそれ以外ですと「現地のカフェ」、「美容院」、「車の整備工場」、「ホテル業界」に就職するパターンも少なくありません。特に日本人美容師の求人はとても多く、オークランドであれば恒常的にどこかのサロンで募集が出ています。

ですからもしも日本で美容師として働いていてニュージーランドでも美容院への就職をお考えの場合、日本を出発する際にハサミやシザーケースをお持ちになると良いかと思います。

ニュージーランドでの就職先の探し方

ニュージーランドでの就職先の探し方

過去の例から言いますと、7割程度までが「口コミ」と「学校の掲示板」で就職先を決めています。そして残りの3割は「インターネットの掲示板や新聞を見て」、「日系フリーペーパーの応募を見て」となっています。

ですから留学する場合は在学中にクラスメートとの繋がりを大切にしつつ現地のフリーペーパーで日系の就職先を探し、下記のサイトなどを利用して現地の就職先を探していきます。

基本、このサイトだけで十分ですが、以下のサイトも合わせてチェックしておくと良いでしょう。

さざんくろす君

ステマで言うわけではなく、留学中の友達ネットワークはワーホリのチート・テクニックです。「卒業後も Facebook で情報共有 ⇒ 積極的な友達が仕事をゲット⇒ そこに友達として就職する」、「友達の紹介で安いフラットに入る」など、留学は隠れたメリットが多いです。予算に余裕があるなら1か月だけでも留学 & 友達を作ってSNSで繋がっておくことで、就職も難易度がかなり下がります。

「ちゃんと仕事を見つけられるか、かなり心配なんだけど・・・」

クラスメイトやフラットメイトも大抵は就職先を探しています

クラスメイトやフラットメイトも大抵は就職先を探していますので、無理に自分一人で探そうとしなくてOKです。実際に欲しい情報や体験談は、ほぼほぼ周りから入ってきます。

正直、ニュージーランドでの職探しで大切なのは「一歩踏み出して周りに声を掛ける勇気」です。

最初は中々に難しいかもしれませんが、留学中 / フラットでは周りの友達に
「私もお仕事、探してるんだよね」
と声を掛けていきましょう。それだけで情報は入ってきますし、思いがけない出会いに繋がることも多いです。

ニュージーランドの英語学校やエージェントの就職サポートについて

ニュージーランドの英語学校やエージェントの就職サポートについて

まず第一に、全ての学校で英文履歴書の添削をしてくれます。ですから留学をされる方は英文履歴書の心配はありません。

具体的に「選択レッスンの中で対応する」、「放課後のアクティビティやワークショップ内で対応する」、「専用デスクで対応する」などの違いはありますが、添削してくれないということはありません。

ちなみに英文履歴書の作成は以下の特設ページをご確認ください。これを参考に下書きを作成 ⇒ 学校で添削して貰う流れで完璧な英文履歴書を作れます。

そしてその後は会社やファームに英文履歴書をメールで送り、先方のマネージャーと交渉する流れです。全体として日本でアルバイトを探す方法と同じです。

学校や留学エージェントが就職活動を代行することはありません

学校や留学エージェントが就職活動を代行することはありません

学校のカウンセラーさんや留学エージェントが、派遣会社のようなサポートをすることはありません。つまり依頼を受けて条件に合う職を探し、先方と交渉し、「では、明日からここで働いて下さい」といった斡旋業務をすることはありません。企業との交渉や就職先のマッチングは派遣会社が扱う領域です。

さざんくろす君

留学エージェントの中には「就職サポート」を大々的に宣伝しているケースもありますが、よく確認してみますと「アドバイスまで」となっているパターンがほとんどです。そしてそのアドバイスは、わりとこのページに書いてある内容と同じだったり・・・。

いずれにせよ学校も留学エージェントも、就職サポートは「分からない部分があればアドバイスをする」といった補完系サポートが一般的です。つまり就職先は自分で探すことになります。

たとえ誰かの斡旋で就職したとしても、その担当者さんが職場まできてくれるわけではありません。仕事中に分からない英語を翻訳をしてくれるわけではありません。なんだかんだで就職先探しは大変ですが、それでもやはり、ここはご自身の力で乗り越える必要があります。

以上よりニュージーランドでの就職は「自分で職をゲットできるくらいの英語力をつける」というのが、第一の目標になってきます。

ニュージーランドでアルバイトを探す際の注意点

ニュージーランドでアルバイトを探す際の注意点

日本で職歴やアルバイトの経験があるのなら、ニュージーランドで仕事に就けないということはまずありません。きちんとしたアプローチで職探しをすれば、大抵は1~2週間で職は見つかります

ただし職種や収入、また働き方に条件をつけると急に難易度が上がります。

これはニュージーランドの最低時給が高く、専門職は高度なスキルや資格だけでなく語学力が求められているのが原因です。

ですからもしも以下のようなご要望がある場合、就職するのは「相当に厳しい」状況です。

  • 特定の店や業界でしか働きたくない
  • ○○という小さな街で働きたい
  • 畜産系ファームで働きたい
  • 時給30ドル以上でないと働けない
  • 就学中に働きたい
さざんくろす君

もちろん、これらの条件があっても決まる時はすんなりと決まります。ですからご希望がある場合も諦めることなく、「チャレンジにはなるけれど頑張る」という立ち位置で戦略を立てていきましょう。

ニュージーランドの園芸系ファームで働く

ニュージーランドの園芸系ファームで働く

この点はニュージーランドの農場(ファーム)で働くにまとめましたので、そちらをご確認ください。

さざんくろす君

10月から年明けまでに募集が出やすいブルーベリーは比較的ラク & 稼げますので激熱です。また南島、11月からクリスマスまでの短期チェリーも人気です。とりあえずこの2つはチェックしておいて損はありません。

畜産ファームは難易度が高いです

畜産ファームは難易度が高いです

畜産系ファームは危険が伴い、また高度な専門知識が必要な職業の一つです。

ですから就職に際して語学力と職歴を求められることが多く、未経験者が入るのはかなり難しい業種です。正直、「日本で畜産の経験がある方なら、ギリ行けるかも・・・」という感じです。

そんなわけで畜産系ファームは園芸系に比べて募集が少なく、また「どうすれば就職できるのか?」にお答えできることがほぼありません。

それでも無理に答えるのなら、「日本で畜産ファームの経験を積んで英語力を高め、募集が出ていないファームにも積極的に応募する」ということになるかと思います。

学生ビザやワーキングホリデービザでの就学中に働くのが難しい理由

学生ビザやワーキングホリデービザでの就学中に働くのが難しい理由

ワーホリや就労許可付きの学生ビザをお持ちであれば就学中でにも働けますが、以下の理由からその難易度は高めです。

  • 思ったよりも働ける期間が短い
  • 就労時間が限定される
  • ホームステイ滞在中はまず働けない

まずは「働ける期間」について、ニュージーランドで働く際にはIRD番号と銀行口座が必要ですし、フラットや職を探すのにも時間が掛かります。それで例えば6か月の留学であっても働けるのは最大で5か月程度、通常であれば「働けても3~4か月」 ⇒ 「短期間なので面接で落とされやすい」状況です。

さざんくろす君

以上より「3か月の就学中に働く」のはかなり難しく、1か月や2か月の就学中に働くのは幸運やゴリゴリの積極性が必要になってきます。

次に「就労時間」について、働けるのは授業の無い時間のみ ⇒ 結果として「18時からのレストラン勤務」などがメインになります。ただし既に就学を終えてフルタイムで働けるライバルが沢山いる中での求職ですので、難易度は高いです。

飲食ですとランチとディナーの両方に入れる人が選考に残りがちです。ちなみに授業をパートタイムにしても結局はフルでは働けませんので、難易度はわりと高いままです。

そして夕方以降のアルバイトは帰宅が22時や23時になってしまいますので、安全性の観点からホームステイ中のアルバイトを許可するホストファミリーはごく稀です。ですから就学中のアルバイトをお考えの場合、まずはフラットに移る必要があります。

ステイ中の就職は難しいです
  • フラットへの引っ越し、IRD番号の申請、職探しにも時間が掛かりますので、到着後すぐには働けません
  • 就学中のアルバイトは難易度が高いです
  • パートタイムの就学でも状況はほぼ変わりません
  • ホームステイ中は基本、働けません
さざんくろす君

それでも実際に就学中に働いている学生は少なくありません。タイミングが良かったりクラスメートから紹介されるなど、働ける時は拍子抜けするほど簡単に働き口が見つかります。

その他、学生ビザでの就労には「NZQAがカテゴリー1に認定した学校に限る」という条件がありますので、学校によっては留学中の就労が認められていない場合があります。この点は学校選びの際に弊社スタッフまでご確認ください。

ニュージーランドで就労中の保険

ニュージーランドで就労中の保険

ニュージーランドの労働法では雇用側に労働者の保険加入を求めていません。つまり「就労中の保険は労働側の自己責任の範囲で考えるべき」とされています。

そして結論から言えば、無保険状態で働くのだけは絶対にありえません。流石に海外で就労中に無保険というのは無謀&破天荒すぎます。

また結論だけ書けば、ワーホリでも就労ビザでも、Orbitの一般プランに加入するのがベストです。「医療費は安心の無制限補償 & 携行品補償なし & レストランや一般事務職での就労」の場合、掛け金は12か月でも519ドル(=約36330円)と激安です。

さざんくろす君

ユニケア保険やサザンクロス保険や日本の保険は忘れてしまってOKです。掛け金も高いですし、補償面や条件面で惨敗しています。詳細は以下をご確認ください

また特に就労ビザ(ワークビザ)で滞在中の保険については特設ページを用意しました。正直、ほとんど全ての方にとってOrbit社がベストになるだろう思いますが、それでも念のために上司や周りの方にもアドバイスを求め、じっくりと精査してみてください。

海外ですので、くれぐれも保険だけはしっかりと、です。またOrbit以外の保険をご利用される場合は隠されているデメリットまでしっかりとご確認ください。巨額の医療費がかかった際に、助けになるのは保険だけです。

ニュージーランドのアルバイトの収入の目安 / サンプルモデル

ニュージーランドのアルバイトの収入の目安 / サンプルモデル

ニュージーランドのアルバイトは大抵のケースで最低自給からのスタートです。ですから8時間@週5日で働きますと、手取り月給は3000ドル程度です(40時間@17.0~17.5ドル@4.5週=3060~3150ドル/月)。

しかし最初からフルタイムで働ける仕事はそれ程多くありません。最初は週に20~30時間でスタートして、徐々に就労時間が増えていくパターンが多いです。つまり月収は手取り1500ドルからスタート ⇒ 徐々に2000ドル、3000ドルと上がっていくイメージです。

以上より例えば最初に3か月の留学 ⇒ 6か月のアルバイト ⇒ 3か月のラウンド(NZ国内旅行)をお考えの場合、イメージとしては下記のような収入フローになります。

滞在1~3か月目 / 無収入期  
留学中。その間に銀行口座、IRD番号を準備する。無収入。

滞在4か月目 / 無収入期
フラットに引っ越してアルバイト開始、週に20時間くらいで就労スタート、ただし翌月の給料日までは無収入。

滞在5か月目 / $1500~
週に40時間、安定してバイトに入る。先月のバイト代の1500ドル/月程度が振り込まれます。

滞在6~9か月目 / $3000@4回
引き続きフルタイムで働き、3000ドル/月の収入が5回振り込まれます。ただし最後の給料は退職後に振り込まれます。

滞在10~12か月目/ $3000@1回
仕事を辞め、貯まったお金でニュージーランド国内旅行。

以上より半年のアルバイト収入の目安は16500ドル程度、1NZドルを70円で考えれば115.5万円の収入を見込めます。ただし最初の給料日までは貯金でやりくりする必要がありますので、ワーホリ / 留学の全体バランスは計画的に考える必要があります。

さざんくろす君

ちなみに毎月の出費は1300~1500ドルくらい ⇒ つまりフルタイムで働くと毎月約1500ドル = 10万円くらい貯金できます。ニュージーランドは物価が高いですが、働くと急にラクになります。