ニュージーランドでインターンシップをする

ちょっと厳しい内容になってしまいますが、現在の日本での就活において斡旋業者が紹介する海外インターンシップにアドバンテージはほぼありません。

これは「お金さえ払えば参加できる」という実情が日本の企業側に伝わっているためで、実際に企業の人事担当者さんは毎年、「同じ業者 / 学校が扱う、同じインターン先の、同じ苦労話」を聞かされています。

 

特に大手の紹介系インターンは「達成までのストーリー」まで決まっていますので、もはや乾いた笑いすら出ないそうです。

以上より価値がある / 評価対象になる海外インターンシップは「自分で考え、行動し、獲得したもの」、もしくは「保育士やスポーツ・インストラクターなどの専門職で、視野を広げるパターン」くらいです。

それではこの点、もう少し掘り下げて考えてみます。

インターンシップで重要なのは、インターン先の選び方です

まず第一に就活において、価値があるのは同業種のインターンシップだけです。他業種での経験には、ほぼ意味がありません。

例えば貿易会社を志望している学生がニュージーランドの輸出入業界でインターンするのなら意味がありますが、ホテルや老人ホームのインターンは「短期の社会経験」といった基礎的な評価にとどまります。

結局のところインターンは手段ですので「海外でインターンをしたい!」というのはNG、原則として「この業界で就職したいので、インターンでいいから就活前に体験しておきたい」というパターンで考える必要があります。

企業の人事担当者さん視点で考える、海外インターンシップ

話は戻りますが、業者が紹介するインターンシップは「与えられるプロジェクト」と「目標達成までのストーリー」がほぼ決まっています

例えば留学エージェントの業務に参加する1か月程度のインターンですと現地で顧客管理と対面サポートなんかを体験 ⇒ 「最初は分からないことばかり、でも2~3週でコミュ力が大切って分かった!英語も日本語も超重要、あと自信が付いた!」という大筋で、ここに具体的な体験談や失敗談が付くストーリーになっています。

そして身も蓋もない話ですが、これらは職業体験という面からすると日本国内の接客アルバイトでも十分に経験できる内容です。

ちなみに「頑張った」や「前向きに取り組んだ」などは職務を担う上では「あえて言うまでもない当たり前のこと」ですので、アピール・ポイントにはなりません。企業の人事担当者さんはそれを踏まえて「体験から何を得たのか?」に注目します。

以上より自分で勝ち取ったインターンでない限り、就活において海外インターンは特別なメリットにはなり得ません。参加型プログラムにお金と時間を使うなら、関連資格や語学に注力する方がベターです。

  • 紹介系のインターンはほぼアクティビティである点、企業側はご存じです
  • 人事担当者さんは海外・国内に関係なく、インターンで得られたスキルや気づき・経験を重視します
  • それを踏まえつつ、インターン先と業種が一致しているかどうかは重要なポイントです

海外インターンシップ経験者が語る、日本企業での一般的な質問

過去にニュージーランドでインターンシップを経験された方にお聞きすると、だいたいどの会社でも以下のような質問をされています。

  • どのような目標・理由があって、それを決めたのですか?
  • なぜ海外なのですか?その体験は日本ではできなかったのですか?
  • その職はご自身で交渉して得たのですか?それとも業者の紹介ですか?
  • 職場では具体的に何をされましたか?
  • 就労期間は何か月ですか?
  • そのインターンで、どんなスキルが身に付きましたか?

こう並べてみると分かりますが、インターンシップにおいて「海外」というのは付属的な要素です。
あくまで「体験したいこと」が先にあり、「それを叶えられる環境が海外にあった」という流れでないと、ポイントゲットは難しい状況です。

海外インターンシップ、就活面接で高評価を得るためには

海外インターンでポイントゲットを狙うのなら、今から自分で海外企業に英文で就活アタック ⇒ 職をゲットするまで、どう困難に対処したのかをファイル ⇒ 現地での成功体験と失敗体験もファイル ⇒ 現地で関わった人達に推薦レターをできる限り書いて貰い、最終的に全てをまとめて就活の場でプレゼンできるレベルに仕上げられますと完璧です。まず確実に、高評価を得られます。

そして正直、この流れで頑張れるのなら海外にこだわらなくても全然OKです。

またたとえ海外の100社にアタックをかけて結局インターン採用されなかったとしても、そのアタック内容や次回への工夫や対処方法を考察してファイルすることで、高評価を得られる可能性が高いです

結局のところ企業の人事担当者さんが見ているのは「海外」という部分ではなく、「どのような経験をし、そこから何を学んだのか?」という点です。ですから「海外インターンシップ」というパッケージ商品を買って職業体験をした方に対して、評価できる部分がほとんど何も無いのです。

人事担当者さんは学生を責めたいのではなく、「できる限り評価をしたい・評価できるポイントを探したい」と考えています。ですから目的に至る過程と情熱、アイデア、またトラブルへの対応力などを見たい方がほとんどで、海外であることを重要視される方は正直、ほぼいらっしゃいません。

海外インターンシップ先企業の選び方の結論

まず大前提として、「就職を考えている業界」で考えます。それ以外の業種でインターンをしても高評価は期待できません。

また海外ということのアドバンテージは特にありません。
身も蓋もない話ですが、「英語環境で仕事をした経験」より「語学力や資格」の方が評価されます。

海外での職業体験にアドバンテージがあるのなら、ワーホリ経験者さんは日本の就活で無双できます。しかし現実はそうではありません。やはり評価の焦点は語学力や資格、実務能力、情熱などに絞られます。

以上よりインターンシップ先を選ぶのならば、「どうしてもやりたいこと」、「海外でしかその希望が叶えられない」という2点をクリアーする必要があります。

学校や業者が提供するインターンシップの実態

それでも一応、紹介型の海外インターンの実情を整理しておきます。

まず第一に、業者が提供するインターンには給料が出るパターンと出ないパターンがあります。

そして給料が出ないパターンは過去に斡旋業者が就労法違反で訴えられるなどのトラブルが頻発したこともあり、現在は下火です・・・が、それでも名目をボランティアに切り替えるなどで、国によっては今でも続けられています。

ちなみにニュージーランドでは無給系インターン、ほぼ見掛けなくなりました。
無給の就労は「大学の専門単位を取得するための特殊なケース」以外ですとほぼほぼ労働法に抵触するために、取り扱い業者がなくなったためです。

ですからニュージーランドでは企業に履歴書を送って「無給で働きたい」と申し出ても、労働法を理由に断られるケースが多いです。大抵、「通常のルートでの就職をお考えください」と返されます。

学校や留学エージェントによる有給インターンの紹介

次に有給のインターンですが、業者が手掛けるメジャーな斡旋先はホテルの裏方業務、清掃業、倉庫内の軽作業、レストランの厨房関係、日系の旅行代理店の空港お迎えスタッフ、そして留学エージェントのスタッフといった所です。この辺りは人事担当者さんからすると、「またか・・・」という業種でもあります。

そして給料が出るインターンとはつまり、人材派遣です

もう少し正確に言えばアルバイトの紹介、これをインターンと呼べるかどうかは中々に微妙なところですが、いずれにせよこれが「有給インターン」の正体です。

有給インターンは、英語力に見合った仕事しか紹介されません

たとえば英検2級レベルの方に現地オフィスの事務仕事は回ってきませんし、英検準1級レベルの方でも企画や営業の仕事はまず回ってきません。つまり斡旋業者を通すことで、就職の際の英語力問題が解決することはありません。

むしろ斡旋業者だからこそ、英語を話せない方に英語環境の仕事は紹介しません。回されたとしても、労使双方が困るだけですしね・・・。

つまるところ現地企業で働くには、最低でも現地企業に自力で入れるくらいの英語力が必要です。

簡単な話、英検4級の方がお金とコネを使ってニュージーランド人だけの職場に入っても、最初の1時間で首を切られてしまいます。海外の就職で語学力は避けて通れません。

まとめ:インターンシップについて

結論として、インターンシップを目的にするのはNGです。あくまで「やりたいこと」を追いかけた結果として「海外での就労」しか選択肢がなかった場合にのみ、考えるべき手段と言えそうです。

またインターン先は自分で探さないと評価は得られませんし、それができるのならインターンではなく就職する方が、ストレートで、普通で、一般的です。

また弊社ではインターンシップのご紹介はしておりません。

前述の通り無給のインターンシップは労働法に抵触する可能性が高く、また有給のインターンの紹介は職業あっせん業務ですので、留学エージェントの弊社が扱える範囲を超えています。