Orbit保険 / 学生プランのお申し込み方法

このページでは学生ビザ / 観光ビザ / ワーキングホリデービザ / 就労ビザでニュージーランド滞在中に就学する方が対象のOrbit社の保険、学生プランの入り方をご紹介しています。

さざんくろす君

ワーホリビザや就労ビザであっても、就学中は「ニュージーランド教育省が求める水準の保険」に加入する必要があります。一部の学校 / 状況によっては一般プランでもOKな場合がありますが、大抵のケースで学生プランへの加入を求められます。

ニュージーランド、Orbit(オービット)社の保険、学生プランの加入方法

まずはお手元にクレジットカード(Visa か Mastercard のいずれか)をご用意頂き、以下の公式サイトから加入手続きを開始します。

ここからスタート Orbit社公式サイト / 学生プランお申し込みページ

Orbit社公式サイト、以下の「International Student」をクリックして手続きを開始します。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ

新しく開いたページの「Get Quote / Buy policy」クリックします。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 01

Orbit保険の加入日について

Orbit保険の加入日について

保険開始日はニュージーランド到着日やコース開始日ではなく、「日本出発日」にするのが一般的です。それで成田空港やオークランド空港でのアクシデントも補償対象になります。

保険の開始日と最終日は後述の「ニュージーランドの学生保険の適用期間」を参考にしつつ、基本的には「日本を出発する日から日本に帰国する日まで」をカバーする期間で加入します。

PrimeプランとLiteプランの違い

プライムプランとライトプランの大きな違いは、「携行品補償のありなし」です。詳細は日本語パンフレットをご確認下さい。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 02

加入期間を確認 ⇒ 保険の掛け金を確認します。
以下の画像ですと「医療費は無制限補償&携行品補償付き(プライムプラン)」で6か月、掛け金は272ドルです。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 03

また「医療費は無制限補償&携行品補償なし(ライトプラン)」で6か月ですと、掛け金は179ドルです。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ(ライトプラン)

日本からのご加入の場合、電話番号は国番号の+81から記入し、市外局番の最初の0を省略します(例えば「080-1234-5678」ならば、「+81 80 1234 5678」と記入します)。ニュージーランドからのご加入の場合は、ニュージーランドの携帯電話番号をそのまま記入します。

またここでメールアドレスを間違えてしまいますと保険証書がお手元に届かず、Orbit社に英語で問い合わせる事になります。ここは十分に時間を掛け、しっかりとご確認下さい。

加入状況は「現在、Orbitに加入しているかどうか」で判断します。ですから例えば1年前に加入していて今は加入していない場合は新規加入 ⇒ 「Yes」をご選択ください。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 04

契約内容を確認します。

また楽器や一眼レフなどの高価な携行品があり、補償額の追加をご希望の場合は「携行品補償の追加」にチェックを入れます。Orbit社の担当から追って連絡が来ます。

ちなみにプライムプランであれば合計1万ドルを限度、1品あたり3000ドルまでの携行品補償が既に付いています。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 05

既往症があれば、その旨を記載します。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 06

内容の最終確認をして、最下段の「クレジットカード払い」を選択します。

また改めて、メールアドレスに間違いが無いかをご確認下さい。アドレスが間違っていますとお手元に証書が届かず、Orbit社に英語で問い合せをすることになります。

その他、加入プランや掛け金、保険の開始日と終了日なども最終確認します。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 07

クリックで画面が切り替わり、最下段に Pay Now が表示されます。こちらからお支払いページに移動します。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 08

Visaカード、もしくはMastercardでのお支払いです。CVC番号欄には「クレジットカード裏面の署名欄に記載された番号の最後の3桁」を記入します。

Orbit社の保険加入手続き、オンライン契約の流れ 09

以上で手続きは完了 ⇒ 通常はお申し込み直後、遅いときでも1~2営業日で登録したメールアドレスに以下の証書がPDFファイルで送られます。もしも3営業日経ってもメールが届かない場合は迷惑メールボックスを確認した上で、Orbitに問い合わせる流れになります。

Orbit保険の証書

そして上記の保険証書を印刷すれば全て完了です。手続き、お疲れさまでした!

ニュージーランド Orbit(オービット)社の海外旅行保険 学生プランの注意点

ニュージーランド Orbit(オービット)社の海外旅行保険 学生プランの注意点

学生プランの日本語版パンフレット

Orbit(オービット)社の日本語版パンフレット

免責があります

学生プランも携行品の補償に150ドル、個人賠償に50ドルの免責(自己負担額の最大)が設定されています。ですから例えば100ドルのものを失くした場合は全額自己負担 ⇒ 保険金の支払いはありません。ただし1000ドルのものを失くした場合、免責の150ドルを差し引いた850ドルの保険金を受け取れます。

ほぼ全ての学校で受け入れられています

Orbit保険はNZ国内のほぼ全ての学校で受け入れられています

Orbit社の学生保険はニュージーランド教育省の規定に沿った補償内容ですので、大学や専門学校を含むほぼ全ての学校で受け入れられています。

しかしごく僅かですが学校によっては「PrimeプランはいいけれどLiteプランはNG」としていたり、「保険は学校を通じて指定したものに加入しないとダメ」といった内部規定を設けているケースがありますので、注意が必要です。

さざんくろす君

保険の指定は地方の公立小中高校でその傾向が高くなります。逆に英語学校や大学でOrbitをNGとするケースはほぼありません。ちなみに弊社を通じて留学を手配される場合、弊社スタッフが詳細を確認します。

小中高校大学の留学の場合、学校説明会などで事前にチェックしておくと良いでしょう。
また自力で大学や英語学校の手配をされる場合も念のために保険を購入した所で保険の証書を担当者にメール転送 ⇒ 内容を確認して貰っておくと間違いがありません。

ちなみにOrbit保険はキャンセル可能で、保険開始日の2週以上前に書面で申し出れば若干の返金手数料を差し引いた全額が返金されます。

学生プランを利用できるケース

ニュージーランドの学生保険を利用できるのは、以下のケースです。

  • 学生ビザでの滞在期間中
  • ワーキングホリデービザでの就学期間中
  • 訪問者ビザでの就学期間中
  • 就労ビザでの就学期間中

上記以外のパターンでご就学をされる場合は、学校への事前確認が必要となります。

ニュージーランドの学生保険の適用期間

ニュージーランドの学生保険の適用期間

学生保険はその名の通り学生でなければ加入できませんし、また就学期間が保険対象期間となりますが、その前後数日から数週間についてはオマケで保険が適用されます。目安として、4週の留学で前後に3日ずつならば確実にオマケの範囲内です。また3か月を超える就学であれば前後1週間程度のオマケを付けられます。

たとえば10月09日(金)に日本を出発して10月10日(土)にニュージーランドに到着 ⇒ 10月12日(月)から4週の留学 ⇒ 11月月06日(金)に学校を卒業 ⇒ 11月08日(日)にNZを出発 ⇒ 11月09日(月)に日本に帰国する場合、10月09日(金)から11月09日(月)までの全期間を「学生」保険で対応可能です。つまりこの場合、保険開始日を10月09日&保険終了日を11月09日にしておけば問題ありません。

以上を踏まえ、「前後のオマケ期間の合計が1週間を超える場合」や「就学期間が4週未満の場合」などは一般プランとの組み合わせを考える必要が出てきます。

極端な話、たとえば12か月のワーキングホリデー・ビザで最初の1か月だけ就学する場合は12か月の学生プランではなく、「1か月の学生プラン + 11か月の一般プラン」に加入する必要があります。

このオマケ期間は「○週以上の就学の場合、コースの前後で合計2週まで」といった細かな内部規定があります。とりあえずこの点でミスしないよう、ワーホリであれば学校卒業後すぐに一般プランに加入しておくと間違いがありません。

更に学校によっては「就学中もOrbitの一般プランでOK」という場合もあります

以上よりご自身で細かな点を調べるのが難しい / 学校に詳細を問い合わせる時間が無いという方は、弊社に学校手配をお任せください。保険も合わせて失敗のない、ベストなプランをご提案いたします。

さざんくろす君

弊社は「どんなパターンで何があってもご利用者さまに料金を請求しない」、本当の意味での無料留学エージェントです。学校手配を弊社にお申しつけ頂くことで学校料金だけではなく、保険や航空チケット、両替などもベストな手続きをご提案 ⇒ その提案を受け入れてもいいですし、受け入れなくてもOK ⇒ 現地到着後も生活サポートが無料でついてくる、というサポート・システムになっています。留学をお考えの方は是非とも弊社のご利用をご検討ください。

学生プラン以外について

「英語学校に通われない方」や「現在ニュージーランドにいて、近々学校を卒業される方」は、一般プランをご検討ください。

ちなみにOrbit社にはワーホリプランもあるのですが、ワーキングホリデープランには医療費の補償額に上限が設けられています。なんだかんだ、怖いのは高額の医療費請求ですのでこれは選択肢になりません。

さざんくろす君

一般プランの掛け金は決して高くありませんし、これ以上掛け金を切り詰めるとデメリットが一気に増えてしまいます。ここは安心を買うためにワーホリプランは避け、医療費補償額が無制限の一般プラン(Experience NZ プラン)で考えるのをおすすめ致します。

Orbit保険の詳細やプランの選び方は以下をご確認ください。

その他、Orbit社以外の保険会社との比較は以下をご確認ください。

Orbit(オービット)社に保険金を請求する方法

Orbit(オービット)社に保険金を請求する方法

大きな病院に入院する場合、通常は病院側がキャッシュレス医療の手続きをしてくれます。ですから入院する際に保険の証書を提示すれば、それで手続きは終わりです。

それ以外、例えば街の医院で治療を受けた場合は受け付けでOrbit社の保険に加入している旨を伝え(もしくは保険の証書を提示するのも良いアイデアです)、治療費を支払い、その領収書と医師からのレターをOrbit社に提出して保険金を請求します。

ちなみにOrbit社では以下のページから保険金の請求を受け付けています。また全ての手続きをスマホから行えます

Orbit社公式サイト / 保険金請求ページ

Orbit社公式 保険金請求の手順

公式サイトのオンライン申請ページに受け取り用の銀行口座や金額などの必要事項を記入 ⇒ 病院や薬局が発行した領収書をスマホで撮影、アップロードする流れです。この詳細はyoutube動画で確認できます。

特に問題がなければ、保険金は1~2週間で振り込まれます。

弊社はOrbit(オービット)社の保険代理店ではありませんので、保険金請求のお手伝いはできません。また保険商品の補償内容や適用範囲、既往症の取り扱いなどにつきましても専門的なお答えができる立場にはない点、ご了解下さい。

本ページの内容は事務手続きのご紹介及び一般的なインフォのみです。保険の補償内容の範囲や約款の法的な解釈、また特殊なケースや既往症の取り扱いなどにつきましては保険会社にお問い合せの上、全て自己責任の範囲でご判断ください。また弊社サポートをご利用でない方が弊社サイトの情報により何かしらの問題があった場合でも弊社では一切責任を負いかねます点、ご了解ください。

告知|新型コロナウィルスのニュージーランド留学とワーキングホリデーへの影響

ニュージーランドの学生ビザとワーキングホリデービザについて、審査の再開は2021年05月以降になると正式な発表がありました。今後また新型コロナ情報に動きがあり次第以下のページで一括してお知らせいたしますので、これを機会にブックマーク登録をお願いします。

おすすめ|情報強者の出発準備

以下、「知らないとトラブルになる系」と「知らないと損をする系」の情報です。最悪、ここだけはチェックしておくのをおすすめします。