メリットとデメリットでニュージーランドのおすすめ保険、Orbit、ユニケア、サザンクロスを比較する

ニュージーランドの保険、Orbit(オービット)のメリットとデメリット

まずはメリットから。

Orbit(オービット)保険のメリットは「掛け金の安さ」と「手厚い補償内容」です。例えばワーホリで医療費無制限補償のプランに1年加入した場合の掛け金は3.5~6.0万円程度、日本の海外旅行保険の1/7~1/4程度です。

また補償内容は日本の海外旅行保険と同じかそれ以上、その詳細は日本語パンフレットで確認できます (学生プランの日本語パンフレットはこちら) 。

そしてOrbit社はニュージーランド国内での知名度が高いので、病院受付でOrbit社の証書を出すだけで全て伝わります。万が一入院する際にも大抵のケースで病院側がOrbit社に直接連絡 ⇒ 病院側が手続きをしてくれるのもアドバンテージです。

それからOrbit保険はスマホから保険金を請求できるのも大きな魅力です。

具体的には公式サイトのオンライン申請ページに受け取り用の銀行口座や金額などの必要事項を記入 ⇒ 病院や薬局が発行した領収書をスマホで撮影、アップロードするだけです。

特に問題がなければ、保険金は1~2週間で振り込まれます。

そして次にデメリットについて、これは公式サイトが英語で書かれている点くらいです・・・が、Orbit社は日本語パンフレットを用意していますので、補償内容の確認も容易です。つまりOrbit社の保険はデメリットがありません。

Orbit保険のメリットとデメリット

メリット

  • 掛け金が安く、日本の海外旅行保険の1/7~1/4程度
  • クレカ保険と組み合わせるのに有利な「携行品補償なし」のLiteプランを選べる
  • 補償は手厚く、医療費も無制限補償を選べる
  • 一般プラン、学生プランに公式の日本語パンフレットあり
  • ニュージーランド国内で知名度が高く、現地での手続きが容易
  • 保険金請求はスマホで完結

デメリット

特にありません

ユニケア保険のメリットとデメリット

ユニケア保険、学生プランは問題ないのですが一般プランは途中で一時帰国すると基本的には契約を解除されるのが最大のデメリットです。

たとえば12か月で申し込み ⇒ 1か月経った所で1週間だけ日本に一時帰国した場合、残りの11か月分の契約が自動的に解除されてしまいます。

そしてこの11か月分の掛け金は返金されません。

さざんくろす君

学生プランはNZ教育省の指導が入っていますので、ユニケアでも「一時帰国の理不尽トラップ」は発動しません。つまりNZ教育省のおかげで学生プランであれば、ユニケアであっても特に問題ありません。

以上より詳細を知っている方やニュージーランド滞在歴が長い方は、まずユニケアを選びません。

また Orbit(オービット)保険 にはある携行品補償なしのプランが無いのも地味に痛いところです。

せっかく半年までは OrbitのPrimeプランよりも掛け金が安いのに、「OrbitのLiteプラン + クレカの無料保険利用」の裏技コンボよりは掛け金が高くなってしまいます。

ユニケア保険のメリットとデメリット

メリット

  • 掛け金は日本の海外旅行保険よりずっと安い
  • 携行品補償をつける場合、1~6か月についてはOrbitのPrimeプランよりも掛け金が安い
  • 補償は手厚く、医療費も無制限補償を選べる
  • ニュージーランド国内で知名度が高く、現地での手続きが容易

デメリット

  • 途中帰国すると契約が解除され、未使用分の掛け金の返金もない
  • 携行品補償なしのプランがないので、クレカの無料保険を活かせない
  • 全ての期間に関し、「OrbitのLiteプラン + クレカの無料保険利用」よりも掛け金が高い
  • 携行品補償をつける場合、6か月以上の掛け金がOrbitのPrimeプランよりも高い
  • 公式の日本語パンフレットは学生プランのみ
  • 保険金請求は紙ベースなので、書類のコピーや郵送はコンビニの無いNZではかなり大変

結論として立ち位置的には「日本の海外旅行よりは利点が多いけれど、Orbit保険の下位互換」といったところです。

唯一「1~6か月の携行品補償あり」で考えればOrbitより1000~3000円ほど掛け金が安いのですが、それでも途中帰国で契約解除という条件が厳し過ぎてOrbitに目が向いてしまいます。

ユニケア保険のメリットとデメリット

SCTI保険(サザンクロス保険)のメリットとデメリット

次にSCTI社(サザンクロス社)の保険ですが、こちらは一般プランの医療費に上限が10万ドルに設定されているのが不安です。

例えば治療費の総額が3000万円だった場合、2200~2300万円の借金が残ってしまいます。

さすがにこれは保険としてどうなのかな、と思います。

さざんくろす君

NZでは救急車に乗るだけで800ドルですしCTスキャンも500~1000ドル/回、集中治療室は6000ドル/日前後です。つまり「精密検査&集中治療室に1泊」するだけで1万ドル=70~80万円かかりますので、10万ドル = 700~800万円の医療費補償はさすがに少なすぎです

ちなみにサザンクロス保険も学生プランは教育省の要請により、医療費の補償額は無制限になっています。NZ教育省、有能すぎです。

結果として問題になるのは Orbit(オービット)保険でいう一般プラン、つまり訪問者ビザとワーホリビザと就労ビザでの滞在です。

サザンクロス保険のメリットとデメリット

メリット

  • 掛け金は日本の海外旅行保険よりずっと安い
  • ニュージーランド国内で知名度が高く、現地での手続きが容易

デメリット

  • 医療費の最大補償額が10万ドルしかない
  • 携行品補償なしのプランがないので、クレカの無料保険を活かせない
  • 掛け金は年齢によって変わりますが、全期間に渡って同レベル補償のOrbitのワーホリプランより高い
  • 公式の日本語パンフレットは学生プランのみ
  • 保険金請求は紙ベースなので、書類のコピーや郵送はコンビニの無いNZではかなり大変

実際のところ、クレジットカード付帯の無料保険ですら1000万円を超えることもあるのに、掛け金をとった上で10万ドルの医療補償というのはありえないかな・・・と思ってしまいます。

正直、サザンクロス保険はどのようなパターンのNZ滞在であっても使いどころが見い出せませんでした。お手上げです。

SCTI保険(サザンクロス保険)のメリットとデメリット

ニュージーランドの現地保険を注意点で比較する

最後にOrbit社、ユニケア社、SCTI社(サザンクロス社)の注意点を比較用にまとめました。

おそらくはデメリットが大きすぎるために、ユニケアとサザンクロス保険は選択肢に入らないだろうと思います。

Orbit、ユニケア、サザンクロスの注意点

Orbit保険

特に問題ありません。

ユニケア保険

一般プラン / 途中で一時帰国すると強制的に契約解除 ⇒ 掛け金の返金もありません。

学生プラン / 特に問題ありません。

サザンクロス保険

一般プラン / 医療費補償額の上限が10万ドルが少なすぎて不安。

学生プラン / 特に問題ありません。

結論:ニュージーランド滞在中の現地保険は Orbit(オービット)保険 で一択です

以上より現地の保険はOrbit社で間違いありません・・・というより、Orbit保険しか選べません。

Orbit保険は掛け金が安く、 ニュージーランド国内で知名度も高く、公式の日本語パンフレットで補償内容のチェックができ、保険金請求もスマホだけで手続きできます。

また一時帰国しても勝手に契約解除にならず、 医療費は無制限補償です。

そして掛け金が激安なLiteプランが秀逸、クレジットカード付帯の無料の海外旅行保険を組み合わせることで「医療はOrbit保険、携行品はクレカ付帯保険」という最強コンボを作れる ⇒ バランス的にもコスパ的にもこれがNZ滞在中の保険のベストです。

結論としてOrbitは学生ビザ、ワーホリビザ、観光ビザ、就労ビザ、全てのパターンでおすすめできる最強の保険です。

さざんくろす君

弊社を利用して留学される方の95%以上がOrbit保険をお選びになります。ユニケア保険やサザンクロス保険をご利用になるのは、「学校申し込み時に英語学校に保険も丸投げするパターン」くらいです。

Orbit保険のプランの選び方

ニュージーランドの現地保険はビザの種類や滞在期間によって加入すべきプランが変わります

また携行品に保険をかけるかどうか、現地でファーム系仕事をするかどうか、ワーホリで到着後の何か月か英語学校に通うかどうかなどでも、おすすめのプランが変わります。

この点は以下の記事にまとめましたので、ご確認ください。

せつめいアザラシ

時間が無い方は、てっとり早く過去の経験者たちが選んだプランをご確認ください。「ワーホリでファームで働いたり旅行したりの1年間」といった代表的な滞在パターンのおすすめプランを掛け金と一緒にご紹介しています。

Orbit保険の申し込み方法

Orbit保険は公式ページから20分で申し込めます。

加入手順の流れを沢山の画像 & 日本語でご紹介していますので、ご参考ください。