就労ビザで滞在中のOrbit保険

各種就労ビザ(Work VisaやSeasonal Employer Work Visaなど)でニュージーランドに滞在する場合もOrbit保険がベストです。

この点はすでに職場の同僚や上司、フラットメイトなどから体験談をお聞きになって結論は出ているだろうと思いますが、念の為に概要を以下にまとめます。

ユニケア保険を選べない理由、デメリット

もしかすると職場やお知り合いの中でトラブルになった方がいらっしゃるかもしれませんが、ユニケアは途中で一時帰国するだけで一方的に契約を解除されてしまう可能性のある保険です。ですから基本、選択肢から外れます。

たとえば12か月で申し込み ⇒ 1か月経った所で1週間だけ日本に一時帰国した場合、残りの11か月分の契約は自動的に解除されてしまいます。そしてこの11か月分の掛け金は一切返金されません。 正直、利用者側にはデメリットしかないルールです。

ユニケア保険を選べない理由、デメリット

・・・ということでユニケアに関してはこれ以上書くこともありませんので、次に進みます。

SCTI(サザンクロス)社を選べない理由、デメリット

次にSCTI(サザンクロス)社ですが、こちらは一般プランの医療費に上限が10万ドルに設定されている点が気になります。これですと例えば治療費が30万ドルだった場合、20万ドルの借金を背負うことになります。ですからSCTI(サザンクロス)社も選択肢にはなりません。

たとえばニュージーランドでは救急車に乗るだけで800ドルですし、地方都市からのヘリコプターでの緊急輸送は付き添うドクターへの支払いなどもあり、病院に行くだけで1万ドルを超えることがあります。またCTを撮るのも500~1000ドル、集中治療室は6000ドル/日程度かかります。つまり「地方からの移動&精密検査&集中治療室の初日だけ」で数万ドルかかる可能性があります。

SCTI(サザンクロス)社を選べない理由、デメリット

以上より10万ドルの補償は医療費に比べて安すぎであり、本質的な「保険」にはなり得ません。最悪、最初の1週間で使い切ります。

結論として就労ビザ(ワークビザ)でのニュージーランド滞在中の保険は「医療費の補償額が無制限」というのが、求められている最低ラインです

さざんくろす君

ちなみに企業は従業員の保険に関して法的な監督責任を持ちませんので、しっかりと自衛する必要があります。ニュージーランドで独り倒れた際にも対応できるよう、間違いのない保険プランを選んでおきましょう。

「NZの医療費は外国人でも無料じゃないの?」

ご指摘の通り、怪我については無料です。ACCという専用機関が治療費を肩代わりしてくれます。

しかしこのシステム、病気は対象外なのです。たとえば盲腸や急性の内臓疾患、脳溢血、心臓発作などの医療費は全額自己負担ですので、各自で保険に加入する必要があります。

就労ビザで滞在中の保険の掛け金の目安

就労ビザで滞在中の保険の掛け金の目安

既にニュージーランド生活も長いので荷物の紛失や盗難の危険性は比較的低い ⇒ 携行品の補償は無しで、と考える方が多いです。これは統計的にも理にかなっているかと思います。

オフィスやレストラン、美容院、販売業などで働く場合

一般プランファーム特約無し

対象 レストラン、カフェ、ホテル業、販売業、オフィスワーク、IT業など

12か月(携行品補償無し / Lite)
519ドル(=約36330円)
12か月(携行品補償あり / Prime)
749ドル(=約52430円)

以上の通り携行品補償無しであれば12か月の加入で519ドルです。これで医療費は無制限補償 & 大抵のケースでこのプランがベストだと思います。また携行品補償を付けるのなら1年で749ドルです。

畜産ファームや建設現場など、肉体労働系の保険プラン

そして次にデイリーファームや工事現場などで働くケース、こちらは「ファーム特約あり」で考えることになります。

一般プランファーム特約あり

対象 畜産系ファーム、園芸ファームだが一部で動物も飼っている場合、工事現場での仕事、電気・水道・建築系の仕事

12か月(携行品補償無し / Lite)
623ドル(=約43610円
12か月(携行品補償あり / Prime)
853ドル(=約59710円)

それでも携行品補償無しの12か月加入で623ドル、かなり安いです。これでファームや工事現場に就いていても、医療費は無制限に補償されます。

さざんくろす君

なんだかんだ、携行品まで付けた一番手厚い保険を選んでも掛け金は853ドル/年です。やはりニュージーランドの保険はかなり安いです。

ファーム特約(Manual Work Cover)を付けるべきか分からない場合

ファーム特約を付けるべきか分からない場合

職によっては、第一次産業なのか肉体労働なのかが曖昧なこともあるかと思います。

例えば「業務でフォークリフトを運転する場合」や「工場や倉庫での軽作業」、また「工事現場には出ないものの鋼材や重機をトラックに積み込む作業がある場合」や「特定の時期にだけ家畜の世話をする場合」など、ファーム特約が必要かどうかの判断が難しくなります。

そういった場合は上司やオーナーに相談するのではなく、Orbit社に直接お問い合わせください

この手間を惜しんで万が一の際に困ることのないよう、疑問は確実に解消しておきましょう。

さざんくろす君

Orbit社も定期的に約款を改定していますし、結局のところ、上司やオーナーも保険に関しては素人です。正確なプラン選びは正しく保険金が出るかどうかの核心ですので、ここは確実な情報ソースに頼りましょう。

Orbit社公式 / 問い合わせフォーム

就労ビザ(ワークビザ)で滞在中の保険に関する結論

就労ビザ(ワークビザ)で滞在中の保険に関する結論

以上より Work Visa や Seasonal Employer Work Visaなど、各種就労ビザでニュージーランドに滞在する場合もOrbit保険がベストです

具体的な掛け金は3.6~6.0万円程度で、医療費の補償額が無制限の最適プランに加入できます。

ワークビザをお持ちの方がOrbit保険に加入する方法

まずは以下の日本語版パンフレットで補償内容を確認 ⇒ 加入するプランを決めます。

Orbit 一般プラン / 日本語版パンフレット

さざんくろす君

詳細が分からない場合 or あれこれ調べるのが面倒な場合は補償範囲が最大の「一般プラン、ファーム特約あり」にしておけば間違いありません。1年の加入で掛け金は携行品補償ありで853ドル、携行品補償無しで623ドルです。

次に以下のページを参考にしながらOrbit社の公式サイトから加入します。クレジットカードがあれば10分で手続きできます。

以上を参考に、安全にニュージーランド生活を楽しんでいきましょう!