保険の種類と特徴

  • ニュージーランド留学 / 滞在は現地の格安保険がおすすめです
  • 学生プラン」と「一般プラン」の2種類がああります
  • 掛金はワーホリならばざっくり4~8万円/年、学生ビザは3~5万円/年です
  • 医療費は無制限補償、救援者の渡航費用や学費補償などある手厚い内容です
  • 日本語版の公式パンフレットもあり、補償内容を確認できます

ニュージーランド滞在用の各種保険の種類とメリット、デメリットを比較

ニュージーランド滞在中の保険は大きく分けて「日本の海外旅行保険」、「クレジットカード付帯保険」、「現地の保険会社が販売している外国人向け保険」の3つがあります。そして結論から書いてしまえば、どの滞在パターン / どのビザであっても、現地の保険利用が最強です

日本の海外旅行保険のメリット、デメリット

正直、メリットがありません。広告で言われている「日本語サービスが使える」というのも病院の予約を取ってくれるだけで、病院受付やドクターとは英語で話す必要があります。

デメリットはとにかく掛け金が高い点です。日本の保険はどの会社で見積りをとっても1年の掛け金が20万円を超えますので、真っ先に選択肢から外れます。またキャッシュレス治療も対応している病院が大都市にしかなく、医療費は立て替え払い ⇒ 日本円で日本の銀行に振り込まれるのが一般的です。

掛け金は医療費補償の上限を1000万円するなどで下げられますが、それですと保険の意味がありません。大きな手術をして入院が少し長引けば、1000万円くらいすぐに溶けてしまいます。

日本の海外旅行保険の結論

使いどころが見出せません。日本語サポートも中途半端ですし、保険金の受け取りも「必要書類を日本に郵送する or 日本帰国後に日本円で」が普通ですし、掛け金も高いです。まず第一に視野から外れる選択肢です。

さざんくろす君

弊社をご利用になる方で日本の海外保険を利用する方は1%もいらっしゃいません。毎年、超短期の留学をされる方の中に1人いるかな、どうかな・・・といった状況です。

クレジットカード付帯保険のメリット、デメリット

メリットはやはり「無料で使える」という点です。シンプルですが、とても強いメリットです。

デメリットは「利用に条件がある」点です。具体的にクレジットカードの保険には「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯の場合は「該当する海外旅行の航空チケットを対象のクレジットカードで購入していなければならない」といった条件が設定されています(条件はカードによって変わります)。

毎年、カードの保険適用条件をクリアーせずに渡航 ⇒ 現地で高額の治療 ⇒ 保険が適用されずに多額の借金を負うケースが発生しています。また自動付帯と宣伝されていても約款でカード自体の利用条件を設定していることがありますので、ご注意ください。それで失敗した方、とても多いです。

その他、医療費の補償額の上限が数百万円と低額なのも気になります。ちなみに医療費が無制限でない保険はニュージーランド教育省の規定から外れますので、クレジットカード付帯保険は留学中の学生保険としては認められません。つまり学生ビザやワーホリで到着直後に就学する場合、クレジットカード付帯保険は選択肢から外れます。

クレジットカード付帯保険の結論

保険金が下りる、下りないのトラブルが多い保険です。また医療費の補償が数百万円と低額なので、実際には保険として機能しません。たとえば「入院中は治療費が限度枠を超えないように祈る」、「治っていなくても請求書が怖いので無理やり退院する」という状況、独りきりの海外ですと想像以上に厳しいです。

さざんくろす君

クレカ保険は基本、選択肢になりません。ただしクレジットカードのルールや裏技にかなり詳しく、複数枚持ち&カード利用条件と付帯条件を全クリ ⇒ 医療費限度額の合計を3~5000万円程度に引き上げられるのなら、選択肢にしてもいいのかな・・・といった感じです。

ニュージーランドの現地保険会社のメリット、デメリット

メリットは「掛け金の安さ」と「手厚い補償内容」です。医療費無制限補償の1年の加入で掛け金は3.5~5.6万円程度、日本の保険の1/7~1/4程度です。

デメリットは公式サイトが英語で書かれている点くらいです。ただし保険会社によっては日本語パンフレットがありますので、補償内容の確認も容易です。つまりデメリットはほぼありません。

ユニケア社、SCTI社、Orbit社が有名ですが、おすすめはOrbit社です。ユニケア社は途中で一時帰国すると契約が無効になる点がデメリットで、SCTI社は一般プランの医療費に上限が10万ドルに設定されているのが気になります。以上よりNZの保険はOrbit社の利用がベストです。

ニュージーランドの現地保険の結論

基本、現地のOrbit社の保険で間違いありません。医療費は無制限補償&掛け金が安い&日本語パンフレットあり、また保険金請求もスマホのみで簡単に手続きできるのは高ポイントです。学生ビザ、ワーホリビザ、観光ビザ、就労ビザ、全てに対応&全てのパターンでベストな保険です。

さざんくろす君

ユニケア社は昔からある&日本の旅行代理店が多数取り扱っているので日本では有名ですが、やはり「途中帰国で契約が強制解除」がネックです。更に掛け金も高いので、Orbit社と比較しますと選択肢から外れます。

Orbit社の保険内容について

長々と書きましたが、ニュージーランド滞在中はOrbit社に入っておけば基本的に間違いありません。医療費は無制限補償されるので安心&日本からの救援者支援の補償もあり&掛け金も年間で4~6万円です。日本の保険よりずっと安く、手厚い補償を受けられます。

Orbit社の保険プランについて

Orbit社の保険の日本語パンプレット

保険掛け金の参考