ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトから航空チケットを購入する方法

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトから航空チケットを購入する方法

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する際の流れと注意点

まずは上記のリンクから公式サイトを開き、片道チケットの場合は「片道」を選択 ⇒ 「出発地」、「目的地」を選択します。

次に出発日をカレンダーから選びます。

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する02

自動的に元のページに戻りますので、[フライトを検索する]をクリックして先に進みます。

次に以下のページが表示されますので出発時刻と到着時刻を確認 ⇒ [選択する] ⇒ [続ける] とクリックして、先に進みます。
ちなみにここで空港施設使用料などが加算され、最終的な料金が表示されます。

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する03

念の為に、ジェットスター以外の航空会社を検索します

数日前には出ていなかった格安チケットが他社から出ることもありますので、念の為にざっと検索しておきます。

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する06

ちなみに値段比較はパッと見ではなく、少し手続きを進めて「事務手数料込みの料金」で比較・検討します。

比較が終ったら、先に進みます。

まずは「オプションセットを追加」画面が開きます

ジェットスター航空は機内食や機内持ち込み荷物、受託荷物やチケットのグレードが有料となっています。
そしてそれらをまとめたオプションセットが、まず第一の選択肢になります。

・・・が、短時間のフライトであれば必要なサービスを単品で買う方が多いようです。
そのままページ下部の[続ける]をクリックすれば、自動的に最安値のStarter運賃が選択されます。

Starter運賃でも機内持ち込み手荷物で、7㎏までは持ち込めます。

受託手荷物の選択

次に飛行機に乗る前に預け入れる、大きな荷物(スーツケースなど)について考えていきます。

例えば成田空港でニュージーランド航空に乗り換える場合、ニュージーランド航空の預け入れ荷物の上限が23kgですので、それをカバーする25kgを選択します。

ただし「受託手荷物なし」を選択して、以下の空港宅配を利用しても良いかもしれません

値段はほぼ同じですし、当日は重い荷物を持たずに移動できるので、とても便利です。この点、以下をご確認ください。

空港への荷物の先送り(空港宅配)が便利です

空港への荷物の先送りが便利です

スーツケースなどの重い荷物を、2500~3000円で空港に先送りできます!

例えば鹿児島からオークランドに移動する場合は「鹿児島 ⇒ 成田 ⇒ オークランド」のようなルートになりますが、ご自宅から成田に荷物を先送りすることで、当日は快適に移動できます。

具体的には「出発の前々日などに、佐川急便などの宅配業者さんが自宅までスーツケースを引き取りにきます」 ⇒ 「出発日、成田空港や関西国際空港内にある宅配業者さんのデスクで、スーツケースを受け取り」 ⇒ 「空港の専用カートで数分のラクラク移動」 ⇒ 「航空会社のデスクに預け入れ」という流れです。とても便利で、嬉しいサービスです。

このサービスを利用することでジェットスターの荷物の追加料金をおさえられます

でもNZ航空は機内持ち込みが10㎏で、預け入れが23㎏なんだけど、ジェットスターの機内持ち込みは7㎏しかないよね。
合計で33㎏を海外に持っていきたい場合はどうすればいいの?

その場合は「宅配業者をヤマト運輸以外で選択 ⇒ 30㎏まで預けられる【160サイズ】を選択 ⇒ スーツケースに26kgの荷物を入れて成田や関空に先送り ⇒ 空港で3kgを手荷物に詰め替えて、機内持ち込み10kgと預け入れ23kgにする」という手順でクリアーできます。

ヤマト運輸のみ、「25㎏まで」という重量制限があります。
宅配業者は佐川や福山運送などから自由に選べます。

座席を指定する

次に座席の指定ですが、2~3時間のフライトであれば特に座席指定の必要は無いかと思います。有料オプションを選択しない場合、当日は空いている席に適当に割り振られます。

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する04

ただし長時間のフライトであれば、お好きな座席を選んでおいても良いかもしれません。

その他のオプション

その後も食事やレンタカーや空港の駐車場の有料オプションが表示されますが、何も追加しなくても特に問題ありません。サクサクと[続ける]をクリックして「搭乗者/連絡先情報」まで進みます。

搭乗者/連絡先情報と購入手続き

この後は特に難しい事はありません。
「搭乗者情報」で氏名や連絡先を指定された通りに記入し、クレジットカードでお支払いを済ませます。

ただし一点、氏名は必ずパスポートと同じ表記で記入下さい
例えば同じサイトウでも「SAITO」、「SAITOU」、「SAITOH」などがあり、これが間違っている場合は搭乗出来ない可能性があります。

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する05

国際線を購入する際の注意点

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する08

現在、ニュージーランドへの就航便は検索で出てこないケースが多いのですが、念の為に国際便を利用する際の注意点を書いていきます。

液体の持ち込みにご注意ください

国際線の機内には、100ml以上の液体を持ち込めません
容器1つに付き100ml以上の液体(クリームやペースト状のものも含みます)は、出国手続き前に全て没収されてしまいますので、ご注意ください。

ジェットスターの機内での食事について

ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する07

国際便の場合、食品はサンドイッチやおにぎりなどを出国手続き前に購入しておき、ドリンクは出国手続きの後、飛行機の出発ロビーで購入します。

サンドイッチやおにぎりは、パスポートに出国スタンプを押して貰う前、空港のコンビニで購入できます。
またドリンクはパスポートに出国スタンプを押して貰った後、空港内の自動販売機で購入できます。

ちなみに飛行機内の空気はかなり乾燥していますので、長時間のフライトであれば500mlのペットボトルを2~3本買っておくと良いでしょう。

もしくは有料オプションで機内食を付け、機内販売のドリンクを購入するのも良いアイデアです。

機内は割と寒いです

ジェットスター航空では、毛布の機内貸し出しがありません
また機内の温度は21~25℃という低めの設定になっていますので、予め1000円程度の小さめの毛布を購入して機内に持ち込むのも一つの手です。これは現地でも膝掛けとして使えますので、中々に重宝します。

国内線の乗り継ぎにご注意ください

乗り継ぎが悪い便があります!

たとえば「鹿児島空港 ⇒ 成田着 ⇒ 成田発オークランド行き」ならば良いのですが、チケットによっては【鹿児島空港 ⇒ 東京(羽田)】+【東京(成田) ⇒ オークランド】といったルートになることがあります。つまり日本国内の「到着空港」と「出発空港」が違っているのです。

そしてそういった航空券を買ってしまった場合、羽田空港から成田空港まで自費で移動しなければなりません。また同様に伊丹空港から関西空港に移動しなければならない便も、検索に出ることがあります。

羽田空港から成田空港までの移動はバスや電車でざっくり4000円、2~3時間は掛かります。伊丹から関空までも1500円前後、1時間半~2時間程度掛かります。

ですからもしも乗り継ぎの悪いルートが出た場合、他のルート・チケットを探します。

また同じ空港で乗り継ぐ場合でも、乗り継ぎ時間がどれだけあるかを確認します。基本的には乗り継ぎ時間、最低でも2時間は欲しい所です

ジェットスターで航空券を購入する前に確認すべき注意点

基本的に、復路便の変更はできません

オプションで値段を払うことで「変更可」のチケットを買うこともできますが、それであればニュージーランド航空なり、他の航空会社にした方がむしろ安くなるケースがほとんどです。

ですからジェットスターを利用する場合、基本的にチケットの内容の変更はしないものとして考える必要があります。

欠航しがちな台風、大雪の時期は避けておくのが無難です

台風シーズンや大雪が降る地域からのご出発の場合、振り替え便などの救済措置の無いLCCの利用は一定のリスクが付きまといます。

その他の時期であれば積極的な利用をお勧め致しますが、夏の終わりや真冬の時期のご利用はフルサービスを受けられる通常の航空会社の利用を考えていきましょう。

発券された航空チケットは、A4紙に印刷します

eチケットは2通印刷して1通はパスポートと一緒に保管、もう1通はご実家に残しておきます。
ちなみに印刷はコンビニ印刷が便利です。

出発日の空港での手続きについて

出発当日はジェットスターのカウンターにて印刷したeチケットを提示 ⇒ その場で搭乗券が発行され、その搭乗券で飛行機に乗れます。

また国内線は出発時刻の1時間半前、国際線は2時間半前までに空港に到着しておけますとベストです。

空港に到着した後は案内係さんにジェットスターのカウンターの位置を聞き、搭乗手続きを済ませます。

まとめ:ジェットスター航空(Jetstar)の公式サイトでチケットを購入する際の流れと注意点

いかがでしたでしょうか。
ジェットスターは日本国内最強のLCCで、値段が安いのが魅力です。また時期によっては成田発ゴールドコースト経由のオークランド行きが安い値段で出てきます

とりあえずLCCですので中級者向けの航空会社ですが、台風や大雪の時期を外せば、基本的には良い選択肢です。

その他、航空チケットの内容や機内食、サービス、購入手続き等で分からないことがある場合は、以下のサポートセンターにお問い合わせください。

以上、ジェットスターの公式サイトで航空チケットを比較 / 購入する方法のご紹介でした。このページを利用して、最安値でベストなチケットを探していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました