持ち込める食品の量と目安など、ニュージーランドへの食品の持ち込みを考える

ニュージーランドへの食料品の持ち込みは厳しく、後述のリストのように持ち込めるものと持ち込めないものがあります。また申告を怠った場合は故意であってもなくても400ドルの罰金ですので、たとえ飴一つであっても申告しなければなりません。

具体的にはNZの入国カードで食品の持ち込みを申告し、荷物チェックで税関職員に食品を見せ、詳細を説明します。

それでは以下、持ち込める食料品のざっくりとした目安を参考にニュージーランドへの食品の持ち込みについて考えてみます。

近年、ニュージーランド税関による取り締まりは厳しさを増しています

ニュージーランドへの食品の持ち込み

農業と酪農が盛んなニュージーランドでは、防疫上の観点から食品の持ち込みを厳しく規制しています。

ですからニュージーランド入国時には味噌や醤油などの食材は勿論の事、ポケットの中のガムや飴、成田空港で買ったお土産用のチョコレートなども事前に申告する義務があります

またその申告を怠って荷物の中から食品が出てきた場合、まずは即金で400ドルの罰金となり、更に食品の種類や量、それから職員に対する振る舞いによっては、更なる罰金や起訴、そして入国拒否に発展する事もあります。

この点はニュージーランド税関で詳細が公開されています

食料品持ち込みの申告は、入国カードで行います

具体的な食品持ち込みの申告方法は入国カードで「食品(調理済食品、未調理食品、生もの、保存食品、加工食品、乾燥食品を含む)」に「はい」と答えるだけです。それで申告は完了しています。

また入国カードは飛行機内で客室乗務員さんから貰えますので、到着までに機内で記入しておきます。

ちなみに入国カードの書き方につきましては以下のページをご確認ください。

持ち込める食品の目安は「ニュージーランドの農業に害がない」です

ニュージーランドへの食品持ち込みはとても厳しいものですが、それでも食料品を絶対に持ち込めないということでもありません。

そして食料品を持ち込めるかどうかの判断は「ニュージーランドの農業に害がないもの」というラインで考えると、大筋で間違いがありません。

さざんくろす君

つまりNZにとって外来種の虫や新種の病気のリスクが少ない状態であれば、食品を持ち込めるケースがほとんどです。

ニュージーランドへの食品の持ち込み、キーワードは「ニュージーランドの農業に害があるかどうか?」です

ですから例えば成田空港で買ったお土産のチョコレートやクッキー、また近所のスーパーで購入した開封していないお菓子、味噌、醤油、煎餅、お茶などが問題になることはほぼありません。きちんと入国カードで申告 ⇒ 税関職員さんにチェックして貰えばニュージーランドに持ち込めます。

申告してもニュージーランドに持ち込めない食品の参考例

申告してもニュージーランドに持ち込めない食品の参考例

逆に申告しても手作りの食品やお菓子は原則として持ち込めません。これは食品に昆虫が混入 ⇒ その昆虫が外来種としてNZの農業に深刻な被害を与える可能性があるためです。

同様に工場で作られていても「紙で包まれているだけ」の商品や食べかけの食品はアウトですし、むき出しの漢方や薬膳系の食材、ドライフラワーなども持ち込めません。

ちなみに厳密にルールに照らし合わせれば、工場製品であっても肉、魚、乳製品、卵、種子、花、野菜、果物、蜂蜜を含む食品は加工品でも乾燥品でも全てNGになり得ますので、持ち込める食品はほぼ何もない状況です。

さざんくろす君

まとめますと、【運用的】には「生きている虫がついている可能性がある食品」は全てアウト、その上で封を切っていない工場製品にお目こぼし的にOKが出るイメージです。

以上より日本人はご家族の手作りの漬物やお菓子でトラブルになるケースが多いそうです。たとえジップロックなどで密封処理していたとしても原材料の公的表示が無いものはまず持ち込めませんので、ご注意下さい。

手作りでもなく、生鮮食品ではないのにNGが出ることがあります

前述の通り食品の持ち込みはルール的に「お目こぼし」の体裁をとっていますので、加工されてパッケージに包まれた食品がNGと言われることもあります。実際に筆者もカップヌードルの謎肉がダメと言われたことと、インスタント味噌汁の貝肉がダメだと言われたことがあります。

さざんくろす君

2つとも全く同じ商品がアジア系スーパーで売っていますし、別の入国時には問題にならなかったのですが、そういうこともあります。ちなみに友人は新品のマヨネーズにNGが出たそうです。

ちなみにこの2回とも入国カードで「食品持ち込みアリ」で申告していましたので、その場で廃棄するように言われて終わりでした。もちろん罰金もなく、備え付けのゴミ箱に捨ててすぐに入国許可が下りました。

NZ税関で問題になると・・・

繰り返しになりますが「工場で作られた未開封の製品」を持ち込み、それをきちんと「入国カードで申告」しているのならば、まず問題になりません。またもし問題になったとしても、大抵はその場で廃棄処分になるだけですので心配いりません。

しかし税関職員を騙そうとした場合、かなり大変なことになります

例えば申告をせずに荷物から食品が出てきた場合、まずは400ドルの罰金 & 別室送りです。

乳製品や果物、更には生肉を持っていることなども違法ではありません。正直に入国カードで申告し、税関職員さんに詳細を確認してもらい、持ち込みNGであれば備え付けの廃棄ボックスに捨てることでニュージーランドに入国できます。基本的に問題になるのは「彼らに嘘をついた / 彼らを騙そうとした場合」です。

NZ税関で問題になると・・・

ちなみ別室送りになった場合、最初から最後まで「大人な対応」をされます。冗談や言い訳は1ミリも通用しないので、かなりキツイです。淡々とルール上許されている一番厳しい対応を取られ、さらにその処分への態度や対応によっては入国拒否もあり得ます。

繰り返しになりますが、厳密に法に照らしますとニュージーランドに持ち込める食品は皆無です。

つまり全ては「税関職員のお目こぼし」という体裁をとっていますので、たとえ密封された製品であっても税関職員が「これは持ち込めない」と判断すれば、それに抗う術はありません。

ですから入国当日に税関職員が下した判断には、全面的に従うのが基本です。抗議しても法的に正しいのは税関側であるケースがほとんどで、望んでいる結果になることはまずありません。

ニュージーランド税関、最終的なチェック項目

ニュージーランド税関、最終的なチェック項目

以下のチェック項目は絶対のルールではなく、あくまで目安です。正確な所は入国当日、税関職員の前に立つまで分かりません。

しかしそれでも以下の条件を全てクリアしていれば、大抵のケースで問題にはなりません。

  • 入国カードで「食品の持ち込みがある」と申告している
  • 肉、野菜、乳製品、果物など、生ものではない
  • 弁当やサンドイッチなど、すぐに食べられるものでは無い
  • 家族が作った漬物やお菓子など、手作りの食品ではない
  • 工場で作られた製品で、完全に密封されている
  • 販売目的など、大量ではない

とにかく事前に申告しているのであれば、市販のポテトチップスや空港で買ったお土産用のお菓子、醤油、味噌、カレー粉などで止められることはまずありません。

しかし逆に手作りの食品や封の開いた製品、弁当、生の果物や乳製品を使ったお菓子などは持ち込めません。

また量について「具体的にこれくらい」という記載はありませんが、多くとも5~6kg程度に留めておくと良いかと思います。

それから間違えて飛行機内からクッキーやバナナを持ってきてしまった場合も、ご安心下さい。飛行機を降りた後、荷物検査場までに食品を捨てるためのゴミ箱が沢山あります。

いずれにせよ正しく申告する気持ちがあるのなら、怖がる必要は一切ありません。税関職員は嘘とうっかりミスの違いを見抜くだけのスキルと経験を持っています。

さざんくろす君

薬の持ち込みについては以下をご確認ください。

その他のチェック項目

入国審査を抜けた後は国内線の乗り換え、もしくは市内へ移動することになります。

まず空港の乗り継ぎについてはこちらから。

次にオークランド市内への移動方法はこちらをご確認ください。

保険の裏技

それから特にワーキングホリデーだと忘れてしまいがちな保険について、クレジットカード付帯保険との組み合わせの裏技もチェックしておきましょう。

ちなみに「90日までの荷物補償 + 医療費が無制限で補償」という完璧プラン、1年間の掛け金はわずか519~623ドルです(約3.6~4.4万円、1NZドル=70円計算)。激安です。

その他、観光ビザや学生ビザのおすすめパターンなどもご紹介していますので、これを機会に以下をご確認ください。

よくあるご質問

Q.食品はどれくらいの量から申告が必要ですか?

食料品をお持ちの際は、飴一つであっても申告しなければなりません

Q.食品持ち込みの申告ミスに罰則はありますか?

故意であってもそうでなくとも、食品を持ちつつ申告しなかった場合は400ドルの罰金があります。また取り調べの後、更に大きな罰則が科せられる可能性があります。

Q.NZに持ち込めない食品を持っているのが発覚したら、どうなりますか?

入国カードで食品の所持を申告 ⇒ 税関職員さんが確認 ⇒ 生肉を持っているなどNZに持ち込めない食品だと判明した場合、職員さんの指示に従って廃棄ボックスに食品を捨てることで入国できます。NZに持ち込めない食品を持っていること自体は、それが違法薬物などでない限り、特に問題ありません。

Q.結論として、税関手続きはどうすれば良いのですか?

食品をお持ちならば入国品で「食品あり」と申告し、あとは税関職員さんに包み隠さず丸投げすればOKです。持ち込める食品は持ち込めますし、NGな食品はその場で捨てるよう指示があります。

ニュージーランドへの食品の持ち込み

告知|新型コロナウィルスのニュージーランド留学とワーキングホリデーへの影響

ニュージーランドの学生ビザとワーキングホリデービザについて、審査再開の目処はたっていません。今後また新型コロナ情報に動きがあり次第以下のページで一括してお知らせいたしますので、これを機会にブックマーク登録をお願いします。

おすすめ|情報強者の出発準備

留学する人にも、しない人にも。
留学する人にも、しない人にも。

以下、「知らないと損をする系」の情報です。

その中でも特にクレジットカード付帯の無料保険と現地保険の効率的な保険の組み合わせパターンと日本の年金や住民税の節税マニュアルは知っておくだけで10万円単位の節約に繋ります

あとで後悔しないために、この2つだけはチェックしておきましょう。