語学学校選び、日本人割合を真っ先に無視すべき理由

留学先の語学学校選びで日本人割合を気にする方は多いです。しかし現実的な問題として、そもそも日本人が少ない学校 = 不人気な学校です。

ちょっと厳しい現実ですが、SNSが一般化した現在、「他の留学生にバレていない優良校」はありません。

  • 日本人が少ない英語学校 = 不人気校です
  • 他の留学生にバレていない優良校はありません

そもそも優良校ってどんな学校?

留学は個人の体験ですので「どういった学校が優良校なのか」を一般化するのは難しいところです。

たとえば英語力をしっかり伸ばせるのが良いとお考えの方も居ますし、アクティビティが豊富で楽しく学べる学校を優良校と考える方も居ます。またIELTSやケンブリッジなど国際テストの合格率をお求めになる方も居ます。

ただ、いずれにせよ明確な強みを持つ学校には自然と留学生が集まりますので「日本人が多い学校 = 何かしらの売りがある」というのは間違いありません。実際、「売りがないのに留学生が集まっている学校」というのはありません。

逆に日本人が少ない学校には、少ないだけの理由があります。

それはカリキュラム的な問題だったり、講師のスキル的な問題であったり、マーケティング的な問題であったり、経営の問題だったりするのですが、とにかく何かしらの理由があって留学生を集められていないケースがほとんどです。

そもそも優良校ってどんな学校?

以上より第一の結論として学校選びで日本人割合を気にしてしまうと、微妙な学校に辿り着くことが多いです。

もちろん学校選びにも例外がありますので絶対とまでは言いませんが、それでも前提として「日本人が少ない = 学校としてセールスポイントがない、日本人をターゲットにしていない(日本人が不得意とする会話系の授業に力を入れていない)、何かしらの問題を抱えている」というのは疑っておく必要があります。

せつめいアザラシ

例外として「優良校だけどすごい田舎」、「大学進学コースがメインで英語学習的には優良校だけどアクティビティは全捨て」といったパターンがあります。つまり「デメリット部分が気にならない方にとっては優良校」ですが一般的な需要は低い状況です。

それを踏まえつつこの記事ではそもそもの「英語力を伸ばす」と「日本人割合」の関係性を客観的に考えてみます。

もしかするとこの記事を読み進める中で、「私が求めているのは日本人が少ない学校ではない」という風に考えが変わるかもしれません。

日本人割合が低い英語学校を探す理由

日本人割合が低い英語学校を探す理由

そもそも何故、日本人割合が低い英語学校が求められているのでしょう?

「周りに日本人留学生がいると日本語を話してしまうから、できるだけ日本人が少ない学校を希望している」

「日本人が少なければ英語に触れる機会が増えそう」

過去に日本人割合を気にされた方のほとんどがこの2つを理由とされていましたが、これはロジックとして間違っています。

この方向で学校探しを続けてしまうと学校選び、失敗してしまう可能性が高いです。まずはこの点、説明してみます。

学校とクラスで割合は変わります

「日本人同士でいると怠けてしまいそうなので、日本人割合が低い学校を希望する」

こういったご希望に対して日本人がほぼ居ない学校をご紹介するのは簡単なのですが、実際には判断が難しい所です。

・・・と言うのも例えば全体の日本人割合が5%を切っている学校でも、クラスによっては30%を超えることがあるためです。

せつめいアザラシ

たとえば100人の学校に5人の日本人であっても初級クラスは学生数9名で日本人は2人、そこにあなたが入ると日本人割合は30%です。正直、これはよくあります。

ですから本当に日本人を避けるのならば、絶対的に日本人が居ない学校に行くしかありません。つまり学校全体で日本人が1人、2人の学校です。

しかし【日本人割合5%以下の学校】というのは逆に、【自分以外の日本人と、1番仲良くなりやすい学校】でもあります。

留学において日本人割合はイメージと実際にギャップがある部分ですので、まずは状況を整理する必要があります。

実際のクラス風景を考えてみます

実際のクラス風景を考えてみます

ここで一度、日本人がほぼいない学校のクラス風景を想像してみます。

例えば12人クラスで韓国人が3人、中国人が3人、タイ人が2人、スイス人が2人、サウジアラビア人が1人、そして日本人はあなたが1人だけ。これを分かりやすくすると以下のようになります。

  • 日本 8%
  • 韓国 25%
  • 中国 25%
  • その他のアジア 17%
  • 中東 8%
  • ヨーロッパ 17%

クラスの国籍比率としてこれは完璧です。

また放課後の学校ロビーには韓国人が15人、中国人が10人、他のアジア系が5人、中東系が10人、ヨーロッパ系が5人、南米が3人、日本人はあなたともう1人といった比率です。これもやはり数字的にはパーフェクトな状況です。

  • 日本 4%
  • 韓国 30%
  • 中国 20%
  • その他のアジア 10%
  • 中東 20%
  • ヨーロッパ 10%
  • 南米 6%

しかしこの状況はもう1人の日本人とあなたがくっつき易い状態でもあります

あっ!日本人見つけた!!! (*’▽’)ノ

良かったー!!わたし、日本人が少ないからこの学校を選んだんですけど、最近、日本語が恋ししくて・・・

あなたが来てくれて助かった!これから日本人同士、仲良くやっていきましょう!」

例えあなたが日本人を避けたいと思っていても、相手はそうでは無いかもしれません。

そして日本人が少ない学校というのは、良くも悪くも逃げ場がありません

日本人が少なければ少ないほど、このタイプの方を無視するのが難しくなります。そしてこのタイプの方は、世界中どこにでも一定数いらっしゃいます。

せつめいアザラシ

ちなみに上記のような誘いを断れる強さがあるのなら、日本人割合を気にする必要はありません。どの学校で日本人に話し掛けられても、普通に断ればOKです。

実は日本人が多い学校には日本人留学生のグループがあるので、このタイプの方から話しかけられることも無かったりします。この点も英語学校、イメージと実際にギャップがある部分です。

日本人割合が低い学校をあえて選ぶ日本人留学生の典型パターン

話は前後しますが、これだけSNSが広がった現在、良い学校には日本人が集まっています。つまり日本人が少ない学校というのは、単純に人気の無い学校です。

そして不人気校は基本、授業が面白くありません。

日本人の不得意分野をカバーするカリキュラムを組むなり、質の高い講師陣が揃っているのなら、放っておいても学生は集まります。それができていないからこそ、日本人割合が低いままなのです。

日本人割合が低い学校の実態

それを踏まえつつ、それでも日本人割合の低い学校を選ぶ学生は、

「他に日本人がいると英語の勉強はできない」
「まわりに日本人がいると英語を話さなくなると経験者に言われた」
「逃げ場を断たないと、たぶん勉強しないから」

こういった、どこか消極的な理由がメインになる傾向が高いです。

その結果として日本人割合の低い学校には、消極的な留学生が集り易いです。

実際にカリキュラムやコースの充実、国際英語検定試験のスコアを求めるタイプの積極的な留学生は、ほとんどが人気校を選びます。

せつめいアザラシ

「ネット調べてもほぼ出てこない学校、日本人がまず通わない学校」は、普通では満足できないタイプの個性的な学生が揃いがちです。「不人気学校を敢えて選ぶ性格と個性」、それから「流行りに流されないぞ的な強さ」をお持ちの方が多いです。

ちなみに念のためですが、「日本人を避ける」というのが悪いわけではありません。間違っているわけでもありません・・・が、環境によって勉強するというのは、環境によっては勉強しないということでもあります。

「流れで日本人のクラスメートと仲良くなったから勉強しない」
「日本人が居るから英語は話さない」
「逃げ場があるから勉強しない」

不安に思うお気持ちは分かりますが、環境はあくまで補助的なものです。

そして環境に頼り過ぎたために、結局は日本語のインターネット生活にのめり込んでしまう留学生は少なくありません。

現地でそうならないよう、学校を決める際には視野を広げて考える必要がありそうです。

日本人割合20%以下の学校でも、クラスは3割を超えるケースが多いです

さて日本人割合10%以下の学校についてはこれくらいにして、次に「10~20%の学校」を考えてみます。

このレンジですとどの学校でも、英検準1級レベルに日本人はほぼ居ません。

またタイミングにもよりますが、英検2級レベルでも日本人はクラスに1人だけといったケースが多いです。

つまり日本人割合が20%程度の学校であっても英検2級レベルに達した所で、日本人割合について気にする必要がなくなります

しかし逆に、英検3級から準2級までのクラスの日本人割合が高くなります。

例えば学校全体の日本人割合が15%であっても、クラス割合はしばしば3割を越えてきます。

せつめいアザラシ

繰り返しになりますが全体が10%でも3割はすぐに越えちゃいます。たとえば日本人が1人しか居ない10人クラスに、あなたともう1人の新規入学があるだけでクラス割合は3割です。

もう本音を書いちゃいます

もうここらで結論を書いちゃいますが、そもそも日本人割合は学校や留学エージェントの営業ツールでしかありません

つまり「不人気校をおすすめする際に便利な数字」ですので、留学生自身がデータとして追う価値はありません。

留学における日本人割合というのは「嘘ではないけれど、特に意味のない数字」です。これに振り回される事なく、普通に総学生数やコース内容で判断していくと間違いのない学校にたどり着けます。

それでも日本人を避けたい場合は、どうしたら?

それでもやっぱり日本人を避けたいというの、あると思います。そのお気持ち、よく分かります。

そして日本人を避けたいのなら、ある程度日本人が居る学校で、日本人と話さないようにするのがベストです。

具体的に「全体で10人以上日本人が居る学校」ならば、簡単に日本人を避けられます。基本的に向こうから話し掛けられることもありません。

それというのもマーケットとして20%を越えられるのは「長期留学生の割合が高い」=「上位レベルの授業に定評がある」=「一般的な学校にプラスして、上位レベルに日本人が居るだけ」だからです。

それでも日本人を避けたい場合は、どうしたら?

ただし30%を越えますと、「流石に日本人だらけ」になりますので、これはじっくりと考える必要があります。

気持ちとして「他の国の友達と一緒に勉強する」のが良いのか、「一人で黙々と勉強する」方が良いのか。

もしも前者であれば英語圏以外の国への興味(例えばタイに興味があるのなら、タイ人グループに入りやすくなります)、後者であれば予備校で勉強するような心構えが必要になります。

つまり日本人を避けるのならば、

【他の国からの留学生の輪に飛び込む】
【日本人どころか他の国からの留学生も避けていく】

このいずれかのパターンで考えるのが現実的、という事になります。

そしてこれを選択する場合、考えるべきはあなた自身の資質です。英語学校のデータではなくご自身のお気持ちを最優先すると、結果として一番うまく行きます。

それで、留学先の紹介とかはしてくれないの?

すいません、現在弊社は留学先のご紹介はお休みしています。

それでも以下のページでこっそりとおススメの学校を紹介していたりもしますので、ご参考になさって下さい。

またそれ以外ですとニュージーランド英語学校協会に正式登録されている学校から探していくと良いかな、と思います。