英語学校の日本人割合について

日本人割合に関するリクエスト

英語学校の日本人割合は、数字だけで判断するべきではない項目です。

なんで?学校って日本人は少ない方がいいんじゃないの?

いいえ、多少の例外はあるものの「日本人が少ない学校」=「不人気校」ですので、一般的には日本人が多い学校の方が満足度が高いです。
これは簡単に言えば「できる限り流行っていないレストランを探す」のと同じですので、大抵は望んでいる結果には繋がりません。

またスマホとネット回線が普及した現在、「日本人が居ない学校を選んで、徹底的に日本語を避ける」というのも難しい状況です。日本語を避けるのならば、まずはスマホの電源を落とすことから始める必要がありそうです。

以上より結論から書きますと、日本人を避けるのならば、日本人割合ではなく「日本人を避けやすい学校」を選のが現実的です。

日本人割合が気になってしまう、本当の理由を考えてみます

「日本人同士でいると怠けてしまいそうなので、日本人割合が低い学校を希望します」

こういったご希望に対して日本人割合の低い学校をご紹介するのは簡単ですが、実際には判断が難しい所です。

例えば全体の日本人割合が10%程度の学校であっても、クラスによっては30%を超える事があります。
ですから本当に日本人を避けるのならば、日本人が居ない学校に行くしかありません。つまり日本人を避けるためには、学校全体で日本人が1人、2人の学校を選ぶしかありません。

しかし「日本人が少ない学校」というのは逆に、「自分以外の日本人と仲良くなりやすい学校」でもあります

いずれにせよ留学において日本人割合はイメージと実際に最も齟齬がある部分ですので、まずは状況を整理する必要があります。

ここで日本人割合5%以下のクラス風景を考えてみます

ここで一度、日本人がほぼ居ない理想的な学校を想像してみます。

例えば12人クラスで韓国人が3人、中国人が3人、タイ人が2人、スイス人が2人、サウジアラビア人が1人、そしてあなたといった状況です。

そして放課後の学校ロビーには韓国人が10人、中国人が10人、他のアジア系が5人、中東系が5人、ヨーロッパ系が10人、南米が8人、日本人はあなたともう1人、といった状況です。

  • 日本 4%
  • 韓国 20%
  • 中国 20%
  • その他のアジア 10%
  • 中東 10%
  • ヨーロッパ 20%
  • 南米 16%

この数字だけ見ますと「とてもバランスの良い学校」です。
こういう学校であれば日本語から離れ、世界中の友達と一緒にしっかりと勉強できるように思えます。

日本人割合が低い学校の現実

・・・が、この状況はもう1人の日本人とあなたがくっつき易い状態でもあります。

「わー!あなた日本人なんですね、良かったー!
わたし、日本人が少ないからこの学校を選んだんですけど、最近、日本語が恋ししくて・・・
あなたが来てくれて助かった!これから日本人同士、仲良くやっていきましょう!」

例えあなたが日本人を避けたいと思っていても、相手はそうでは無いかもしれません。
そして日本人が少ない学校というのは、良くも悪くも逃げ場がありませんので、これを断るのは中々に難しい状況です。

そしてこの誘いを断れる強さがあるのなら、あなたにとって日本人割合はほぼ意味がありません。現地で日本人に話し掛けられたら、同じように断ればOKです。

またこれを断れないのならば、むしろ日本人がある程度いる学校を選ぶべきです。それならばピンポイントで話しかけられることはまずありません。

日本人割合が低い学校 = 不人気校を選ぶ方の特徴とその理由

これも身も蓋もない話ですが、不人気校は授業が面白くありません。

たとえば日本人の不得意分野をカバーするカリキュラムを組むなり、質の高い講師陣が揃っているのなら、放っておいても学生は集まります。それが出来ていないからこそ人気が出ず、日本人割合が低いのです。

それでも南米系の学生に人気だったり、中国系から人気だったりと、カリキュラムと授業内容については細かな戦略や方針があります。この話はまた別の機会に。

それを踏まえつつ、それでも日本人割合の低い学校を選ぶ理由を考えてみますと、

「まわりに日本人がいたら、英語を勉強しないと思う」
「日本人がいると日本語しか話さなくなると、経験者に言われたから」
「逃げ場を断たないと、勉強しない性格だから」

こういった理由がメインになります。
そして当然、日本人割合の低い学校には、こういった考えの学生が集ります。カリキュラムやコースの充実を求める方や積極的な学生は、やはり人気校に集まります。

日本人割合が低い理由

・・・とここまで書きましたが、もちろん「日本人を避ける」というのが悪いわけではありません。間違っているわけでもありません。
ここで問題になるのは、「環境によって勉強する」=「環境によっては勉強しない」という部分です。

「周りに日本人がいるから勉強しない」
「日本人の友達とは、日本語でしか話さない」
「逃げ場があるから勉強できない」

留学には色々な要素がありますが、環境はあくまで補助的なものです。それよりも大切なのはご自身のお気持ちであり、またそこをクリアーしない限り、この問題は解決しません。

実際に日本人が居ない学校に通いながら、日本語のインターネット生活にのめり込んでいる学生は少なくありません。環境に依存してしまう気持ちを見直さない限り、日本語から離れるのはとても困難です。

掘り出し物の学校に集まる学生は・・・

ちなみに日本人留学生が5%以下の掘り出し物の学校を選ばれる方は、「ネット調べてもほぼ出てこない学校、日本人がまず通わない学校を敢えて選ぶタイプ」ですので、やはり普通では満足できない「通」な方が多いです。

なんと言いますか「流行りに流されない強さがあるぞ」的な強さを持つ方が多いので、誘いを断る難易度はかなり高目です。

日本人割合が10~20%の学校の特徴

これだけSNSが広がった現在、良い学校 / 売りや利点のある学校の日本人割合は、大抵10%を超えています。もちろん例外もありますが、それでも一般論として「良い学校には一定数、日本人が通っている」という認識で間違いありません。

ちなみに例外は「大規模であまり日本人が目立たない」、「良い学校だけど地方にある」、「近くに同じような学校があって、そこに比べて授業料が高い」といったパターンなどです。

学校全体では20%以下でも、クラス割合は3割を超えるケースがあります

日本人割合20%以上の学校でも、一人だけのクラスは多いです

日本人割合が10~20%のレンジですと、どの学校でも英検準1級レベルに日本人はほぼ居ません。
またタイミングにもよりますが、英検2級レベルでも日本人はクラスに1人だけといったケースが多いです。

つまり学校全体の日本人割合が何%であってもクラス割合はどこも同じですので、英検2級レベルに達した所で、日本人割合について気にする必要がなくなります

それからもう一点、中級上位レベル(= 英検2級)を超えたあたりで、英語で話すことにほぼ抵抗がなくなります。

例えば休み時間に日本人のクラスメートに英語で話し掛ければ、きちんと英語で返ってきます。つまりこのレベル以上は、日本語でも英語でもどちらでも良い感じなのですね。

しかし逆に英検3級から準2級までのクラスのクラスは、相対的に日本人割合が高くなります。例えば学校全体の日本人割合が10%であっても、英検3級レベルのクラスはしばしば3割を越えてきます。

ですからこのレンジに居る間は出来る限り日本人以外のクラスメートと話すことを心掛け、中級上位クラスへの移動を急ぐのが肝要です。

もうここら辺で結論を書いちゃいますと・・・

・・・で、なんだかもう話の途中で大結論を書いちゃいますと、学校の日本人割合というのは、追う価値のないデータです。

例えば総学生数100人で日本人が0人の学校を選んだとしても、翌週に同じ英語レベルの日本人が入学すれば、クラスの日本人割合は2割です。同様に10%の学校でも20%の学校でも、タイミングによってクラスの日本人割合は3割や4割になることがあります。

ですから本当、頑張って比較して追いかける意味がありません。

それにそもそも日本人割合自体、不人気校を売る為に留学エージェントが作った幻想でしかありません。前述しましたがこれは「美味しいものを食べるために出来る限り流行っていないレストランを探す」みたいなものなので、学校選びの要素としてはむしろ、追ってはいけない数字なのです。

やっば。急にぶっちゃけ始めてる(笑)

ついでに言えば「日本人を避ける」というのも、10年前に廃れた考え方です。

昔はそこに一定の効果もありましたが、現在はスマホがありますので「強制的な日本語の排除」はほぼ不可能です。近年はむしろ「母国語を話す事でストレスを解消し、パフォーマンスを伸ばす」という考え方が強くなっています。

いずれにせよスマホを捨てない限り日本人を避ける事に意味はありませんし、そこまで本気で英語に取り組むのならば、日本人割合なんかよりカリキュラムやコース編成で学校を選ぶべきです。

以上より日本人割合は参考程度に留めておくのが、正しいデータの捉え方です。繰り返しになってしまいますが、メインで考えるだけの価値はありません。

それでも、日本人割合が20~30%の学校について考えてみます

既に結論も書きましたがので、今後はもうサクサク行きます!

そして最後に学校全体の日本人割合が20%を越える学校ですが、これは意外にも20%程度の学校と同じ状況です。

それというのもマーケットとして20%を越えられるのは「長期留学生の割合が高い」=「上位レベルの授業に定評がある」=「一般的な学校にプラスして、上位レベルに日本人が居るだけ」なので、中級レベルまでは20%の学校と状況が変わらない為です。

そして上位クラスは日本人が居ても居なくても状況は変わらない ⇒ 結果、20~30%の学校は20%の学校とほぼ同じ状況です。

ただしこれが30%を越えますと、「流石に日本人だらけ」になります。この点はじっくりと考える必要があります。

それでも日本人を避けたい場合は、どうしたら?

良い学校には日本人が集まります

それでもやっぱり日本人を避けたいというの、あると思います。学校選びもロジックが全てではありませんし、これも大切なのはご自身のお気持ちですしね。

そして日本人を避けたいのなら、ある程度日本人が居る学校で、日本人と話さないようにするのがベストです。

具体的に「学校全体で10人以上日本人がいる学校」ならば、簡単に日本人を避けられます。基本的に向こうから話し掛けられることがありません。

そしてこれを選択する場合、次に考えるべきはあなた自身の資質です。

気持ちとして「他の国の友達と一緒に勉強する」のが良いのか、「一人で黙々と勉強する」方が良いのか。

もしも前者であれば英語圏以外の国への興味(例えばタイに興味があるのなら、タイ人グループに入りやすくなります)、後者であれば予備校で勉強するような心構えが必要になります。

つまり日本人を避けるのならば、

  • 他の国からの留学生の輪に飛び込む
  • 日本人どころか他の国からの留学生も避けてい

このいずれかのパターンで考えるのが現実的、という事になります。

まとめ:英語学校の日本人割合について

以上の通り、基本的に日本人が居ない学校は不人気校です。
また日本人を避けようと思うのならば、むしろある程度の日本人が居る学校を選ぶ必要があります。

以上を踏まえますとベストな選択肢は、「日本人が10~20%の大規模な人気校」という結論になります。それであればカリキュラムや授業内容のレベルが高く、日本人をうまく避けながら着実に英語力を伸ばしていけます。

また日本人割合について考えるのは英検2級レベル未満まで、それ以上のクラスであれば、特に気にするほどの事はありません。

タイトルとURLをコピーしました