海外から日本へWiseで国際送金する方法(ANZ銀行から三井住友銀行を参考に)

海外から日本へのWiseを利用した送金

ニュージーランドのANZ銀行から日本の三井住友銀行にWiseを利用して海外送金した際のまとめです。またニュージーランド以外、たとえばアメリカやオーストラリア、ヨーロッパ、中国などからの送金も同じ流れです。

Wise(旧トランスファーワイズ)を利用して海外から日本の銀行や信金に送金する手順

まずはWiseに登録、 初回送金時に使える割引クーポンを貰っておきます 。詳細は以下をご確認ください。

さざんくろす君

招待用リンクからの登録で初回の900ドル分に掛かる送金手数料の割引クーポン(紹介コード)が貰えます。割引クーポンは海外からの登録でも貰えます

登録手続きはとても簡単ですが初回は着金まで1~3日、最大で2週間程度かかります。そして2回目以降は最短5分、長くても1営業日で日本に送金できるようになります。

基本的に登録手続きはオンラインのみで完結&初回でも1~3日で日本にお金が届きますが、オンラインで住所確認ができない場合は1週間程度後にセンターから手紙が届く ⇒ 手紙に記載された番号をWiseの個人ページで入力する ⇒ 現住所の最終確認というステップが必要になるため、着金まで最大で2週間程度かかります。

ニュージーランドのANZ銀行から日本の三井住友銀行に国際送金してみる

Wiseの初回登録につきましては、こちらをご確認ください。

そしてWiseの登録が完了している場合、ログインをして以下の「送金する」から手続きを開始します。ちなみに表示は全て日本語でいけます。

銀行から日本の三井住友銀行に送金してみる、その1

必要なのは送金先の銀行口座の情報だけ、画面で求められる内容を選択していくだけで簡単に手続きできます。下図の通り日本の銀行から日本の銀行に送金するのと同じ感覚です。

銀行から日本の三井住友銀行に送金してみる、その2

おすすめは「Wise残高から入金する」です

Wise (旧トランスファーワイズ) のサービス / 手続きは【1】Wiseに送金依頼 ⇒ 【2】「依頼主のNZ国内の銀行口座」から「WiseのNZ国内の銀行口座」に振り込み ⇒ 【3】Wiseの本部センターで振り込みを確認 ⇒ 【4】「Wiseの日本国内の銀行口座」から「受取人の日本国内の銀行口座」に振り込み、という流れです。

そしてこの流れで最も時間が掛かるのは【2】の「依頼主」 ⇒ 「Wise」への銀行振り込みです。

具体的にNZですと平日昼間は2~5時間、土日祝日は翌営業日の手続きになります。この点は国 / 銀行によって多少の違いがありますが、アメリカやヨーロッパの主要銀行であれば状況はほぼ同じです。

しかしあらかじめWiseに現地通貨をチャージしてあれば 【1】Wiseに送金依頼 ⇒ 【4】「Wiseの日本国内の銀行口座」から「受取人の日本国内の銀行口座」に振り込み、という流れになるので、送金時間を大幅に圧縮できます。

Wiseへの事前チャージは現地通貨以外でも可能です。たとえばアメリカ在住者がユーロでチャージ ⇒ それを原資に日本に日本円を送金できます。 またチャージできる通貨は国によって変わりますが、USドル、ユーロ、ポンドあたりはOKな国がほとんどです。

海外からに日本への国際送金にかかる時間、Wiseならば最短で5分です

下の画像は事前に現地通貨のNZドルをチャージ ⇒ 為替が下がるタイミングを待ち、NZ時刻21:33(日本時刻は17:33)にNZ国内から手続き ⇒ その6分後に三井住友銀行への海外送金が完了した際のものです。

Wiseで海外から日本に送金、その1

ちなみにWiseからは「注意事項 – 送金先の口座に反映されるまで2営業日程かかります。」と案内されましたが、実際には6分で反映されました。

また反映が完了した後は三井住友銀行のオンラインバンキングの利用が可能 ⇒ 1分後に日本国内の他行に振り込めました。

ただし「月末」や「土日祝日」、 「地方銀行や信金への送金」 、「大きな金額を送金」、「日中の忙しい時刻」の場合などは反映まで30~60分程度かかることが多いです。また地方の信金への大きな額の送金など、組み合わせ / 状況によっては1営業日かかることもあります。

さざんくろす君

実際の利用感として、30万円以下の送金であれば反映まで30分以下が多い気がします。また今までに50回程度利用した中で1営業日で届かなかったことはありません。とにかく早くて便利です。

海外から日本へのWise(旧トランスファーワイズ)の送金手続きの流れはリアルタイムで確認できます

またWiseは海外送金手続きの状況をリアルタイムで確認できるのも大きなメリットです。

Wiseで海外から日本に送金、その2

送金を申し込んだ後は上記のように手続きの進み具合が表示されます。

ちなみにこの日は最終的に40分で送金が完了しました。送金額が30万円を超えていたのが原因だろうと思います。

また「受取人と共有する」ボタンをクリック ⇒ 受取側にリンクをメールやLineすることで、受け取り側もリアルタイムで送金手続きをチェックできます。受け取り人側は以下のように状況を確認できます。

海外から日本へのWiseの送金手続きの流れはリアルタイムで確認できます

慣れると日本国内の銀行同士の振り込みよりも簡単ですし、便利です。

海外から日本にWise(旧トランスファーワイズ)で振り込む方法のまとめ

やはり海外から日本への海外送金はWiseが一番安く、早く、そして安全です。この点は周りの在留邦人さん、永住者さんから話を聞いている方も多いと思います。特に新型コロナ以降、私の周りでもWise利用者が一気に増えました。

手続きとしては、まず第一にWiseに登録する際に割引クーポンをゲットします。

そのまま手続きを進めて日本に送金手続き ⇒ 初回は書類確認に時間が掛かるので着金まで1~3日程度です。

またオンラインで住所確認ができなかった場合はセンターからの手紙による現住所確認があり、日本着金まで1~2週間掛かります。

2回目以降はWiseに現地通貨をチャージしておけば最短で5分、大抵は60分程度です。

Wiseにチャージしない場合はひと手間入りますので着金するまで早くて4~5時間、遅い場合は1営業日かかります。

全ての手続きはリアルタイムでチェックでき、送金が反映された後はすぐに日本の銀行口座を利用できます。

以上、ニュージーランドのANZ銀行から日本の三井住友銀行にWise(旧TransferWise)で海外送金してみたまとめです。サイト訪問、ありがとうございました!

告知|新型コロナウィルスのニュージーランド留学とワーキングホリデーへの影響

ニュージーランドの学生ビザとワーキングホリデービザについて、審査再開の目処はたっていません。今後また新型コロナ情報に動きがあり次第以下のページで一括してお知らせいたしますので、これを機会にブックマーク登録をお願いします。

おすすめ|情報強者の出発準備

留学する人にも、しない人にも。
留学する人にも、しない人にも。

以下、「知らないと損をする系」の情報です。

その中でも特にクレジットカード付帯の無料保険と現地保険の効率的な保険の組み合わせパターンと日本の年金や住民税の節税マニュアルは知っておくだけで10万円単位の節約に繋ります

あとで後悔しないために、この2つだけはチェックしておきましょう。