ニュージーランドでのファッション、服装

ワーキングホリデーや留学中の服装について、わりと悩んでしまうものです。日本人とニュージーランド人ではファッションに対する考え方が違うため、日本の普通の恰好でも現地では控えた方が無難なことがあります。

この記事ではニュージーランドで浮かない / 笑われない服装、避けた方が無難な服装、また季節による洋服選び / 防寒対策の取り方などをご紹介します。

「ニュージーランドで浮いてしまう服装」と「ダサい服装」の違い

たとえば日本のレディースは袖や裾がレースやフリルになっているものも、また肩が出ているものも多いので目立ちませんが、ニュージーランドでは「普段着を着飾る」という考えが薄いので、ガーリーな服はわりと目立ちます。同様に膝上のスカートなんかも、浮いてしまいます。

ニュージーランドではガーリーな服は目立ちます

ただしこの「目立つ」というのは決して「ダサい」わけではありません。実際にニュージーランド人もガーリーな服をダサいとは思っていませんし、むしろカワイイと思う方が多いくらいです。

ただイメージとして「ビジネススーツでジョギングしている感じ」や「大人なのにランドセルを背負っている」ように見えてしまうのです。つまり日本とニュージーランドではTPOのベースが違うわけです。

日本人とニュージーランド人の、ファッションに対する考え方の違い

日本人とニュージーランド人の、ファッションに対する考え方の違い

街を歩くニュージーランド人のファッションはシンプル / 定番なものが多いのですが、こだわりが無いわけではありません。

これはおしゃれのオンとオフがきっぱり分かれているのが原因で、実際にパーティーでは日本人が引くほど大胆なドレスを着る女性が多いです。

また普段着を買う際にも日本人はデザインや色合いを重視しがちですが、ニュージーランド人は着心地や素材、洗いやすさなどで選びがちです。それで最終的な見た目に大きな違いがでてきます。

ニュージーランドでボディラインが出る服が好まれる理由

またニュージーランド人は男性も女性も自分の体形を個性の一つと考え、自信を持っている方が多いです。それと合わせてフリルやゆったりとしたシルエットは女性的というよりは少女 / 子供的なイメージが強いこともあり、結果として年齢層が上がるにつれて体のラインが出るタイトなファッションに寄っていく傾向があります

具体的には女性はジョギング用のタイツ / レギンスやヨガパンツ、男性はピッタリとしたシャツやハーフパンツを選ぶ方が多いです。

ニュージーランドでボディラインが出る服が好まれる理由
さざんくろす君

近所のスーパーやショッピングモールでも、この画像の女性のような恰好をよく見かけます。個人的にはビジネス地区以外ではスカートよりもタイツ / レギンス姿の女性の方が圧倒的に多いと思います。

「だからレギンスを買うべき」ということではなく、「それが主流の地域で立ち位置をどう取るか」というのが趣旨です。たとえばシューズや帽子で変化をつける、パーカーの形とサイズ感にこだわるなど、周囲から浮かずに個性を出す方法はあります。

ニュージーランドでタブーなファッションは?

そんなニュージーランドですが、「本質的にタブーなファッション」というのはありません。極度に誰かを不快にするだとか社会的に規制されるべき表現ではない限り、基本的には受け入れられます。そういった意味ではむしろ日本の方が他人の服装に敏感で不寛容な部分があるかもしれません。

しかしそれでも「こういう服は避けた方が無難」、「笑われない服装」というのはあります。この点、ざっと見ていきましょう。

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、女性編

基本的にはガーリーな服は「場違い感」が出やすく、また頑張り過ぎも良くありません。それを踏まえつつ以下に気を付けると良いかと思います。

NG : ミニスカート、膝上スカート

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、女性編:ミニスカート

普段着でミニスカート / 膝上スカートは基本的にはNGです。特にミニスカートはパーティーやクラブ限定と考えておくのが無難です。

海外は日本と違って性犯罪が多いので無用な被害に遭わないよう、しっかりと自衛していきましょう。

膝上ワンピースが夏のビーチの定番だったりもしますので、普段着でミニの方もいます。ただしこれは「危険な地域を把握&防犯対策に慣れてから」です。現地到着後、周りの様子を見ながら判断していきましょう。

さざんくろす君

ただしショートパンツは全然OKだったりします。特に10代女子の夏のショートパンツ率は異常です。

ややNG : 膝丈のスカート

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、女性編:膝下のスカート

膝丈の中でもフレアスカートは結構、浮きがちです

また実際に注意して見てみると街中で膝丈スカートを履いている方はアジア系か海外からの旅行者が多いようです。いい悪いではなく、好みの偏りがあるのだと思います。

いずれにせよスカートの普段使いが悪いということでは無いのですが、「膝丈で結構派手め、膝下かロングが無難」と考えておくと良いかと思います。

NG : 袖や襟まわりの過度なフリル

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、女性編:過度のフリル

フリルやふわっとしたシルエットは子供っぽく見えてしまうようです。その度合いが過ぎてしまったり全体の色合いによっては幼稚に見えてしまうことも。

NG : 高額のブランド系バッグ

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、女性編:ブランドのバッグ

普段使いでブランド系バッグは泥棒に「狙ってください」と言っているようなもの、ニュージーランドですとブランド品は「エスコートのあるお出かけ用で、街で持ち歩くものではない」という認識が強いです。

NG : 英語が書かれているシャツ

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、女性編:英語柄のシャツ

ニュージーランドでもセンスの良いフレーズとデザインを求められる、上級者向けファッションです。日本で買うと意味不明なフレーズが書かれていることもあるので、避けておくのが無難です。

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、男性編

NG : アキバ系

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、男性編:アキバ系

ニュージーランドでもダサいと思われがちです。ファッションに詳しくない場合はユニクロなどでマネキン買いすると良いかもしれません。

NG : 英語が書かれているシャツ

ニュージーランドで控えた方が無難な服装、男性編:英語柄のシャツ

政治色の強い内容、セクシャリティに関するメッセージ、攻撃的なこと、一部の人々に対して失礼なことなどが書いてあることも。また良いことが書いてあってもデザインがひどいパターンも多いです。

ちなみに英字新聞のプリントシャツはコンセプト的に意味不明ですので基本、避けておきましょう。

ニュージーランドで一般的なアパレルブランド

次に実際にニュージーランドで売れているショップから現地での洋服を考えてみます。

まずは言わずと知れたH&M、ユニクロ系の普段着からおしゃれ着まで低価格でバラエティに富んだ品揃えがニュージーランドでも人気です。ショップは北島がメイン、都市部を中心に展開しています。

さざんくろす君

ただしオンラインショップが無いので公式サイトからニュージーランドのファッションを知るのは難しいです。それを踏まえつつ、品揃えはオーストラリアのH&Mと大体同じです。

またH&M系で日本未上陸のオーストラリアのブランド、Cotton On もニュージーランドで流行っています。

Cotton On もニュージーランドで流行っています

イメージ的にH&Mよりもユニクロに近く、裁縫も比較的しっかりしています。西洋アパレルにしてはさらっとしたシンプルさが特徴です。

やはり普段使い系がメイン&低価格帯が充実、こちらはニュージーランド全土にショップがあり、オンラインも扱っています。

さざんくろす君

Cotton On のオンラインページを見ておくと、だいたいのイメージが掴めます。ニュージーランドではカジュアルがメイン、頑張り過ぎないシンプル&定番な服が好まれています。

ニュージーランドで一般的なアパレルブランド

ニュージーランドで浮かない / 笑われない、おすすめのファッション

特にこれという決まりはありませんが、おすすめは男性でも女性でもまずはパーカー、

次に普通サイズのカーディガン or 冷え性の方はお尻が隠れる大き目のカーディガン、

スキニー、

靴は歩く機会が多いのでスニーカー(not ガチのランニングシューズ)です。

NG集とCotton Onのサイト合わせつつ、参考にしてみて下さい。

ヒートテック系のインナーは日本からお持ちください

また冷え性の方はヒートテック系のインナー、必須です。特に秋冬に訪れる方やファーム系のお仕事をお考えの方は十分な数を揃えておきましょう。地域にもよりますが、初秋から春先まで朝晩は冷え込みます

さざんくろす君

ニュージーランドにもヒートテック系のインナーはあるのですが、どれも山登り用の本格的なものばかりで値段が高く、サイズやデザインの選択肢も限られます。

夏は水着とサングラスもご用意ください

その他、ニュージーランドの女性用水着はパットが入っていないものも多いので日本からお持ちになるのをおすすめします。またサングラスもメーカーによっては、西洋人にフィットしやすく作っています。ですからこれも日本で購入するのが無難です。

ニュージーランドの季節ごとの服装(春、夏、秋、冬)

ニュージーランドの季節ごとの服装(春、夏、秋、冬)

「ニュージーランドの02月の服装」や「オークランドの春の服装」という書き方もできなくは無いのですが、暑さ寒さは個人差がありますので各都市の気温から判断するのがベターです

例えばオークランドの06月中旬は東京の11月上旬と同じ気温ですので「11月上旬の東京でコートとマフラーが必要な方は、オークランドでもコートとマフラーが必要」です。

しかし逆に「都内の11月上旬でもパーカーで十分という方は、06月のオークランドもパーカーで十分」です。

そんな風に下記のサイトでニュージーランドとお住まいの地域で検索をかけ、似たような気温の時期を探して判断していくと間違いがありません。

ニュージーランドで浮かない / 笑われないファッションと服装のまとめ

いかがでしたでしょうか。結論としては「基本、カジュアル系。ガーリー系とスカートは控えるのが無難」という感じです。男性はシンプルにジーンズとTシャツ + シャツ or 定番系のアウターという感じです。それを背景の軸にして「自分らしい服選び」を楽しんでいきましょう。

またこのページの内容はあくまで個人の感想に基づいています。そのため、もしかすると「ニュージーランドのファッションはこうだ」や「ここに書いてあることは間違っている」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。もしもそういった意見を目にした際には、その意見も十分に受け入れつつご判断ください。

さざんくろす君

弊社は他の方のお考えを否定するつもりは一切ありませんし、無難に徹するべきだとも思っていません。ファッションは地域や年齢、性別や視点によって考えが変わりますし、参考にする意見は沢山あった方が良いと思っています。