日本とニュージーランドの時差

日本とニュージーランドの時差

季節によって時差が変わります

日本とニュージーランドの時差は3時間で、ニュージーランドの方が先に進んでいます。

さざんくろす君

覚え方は「働き者の日本人は慌ただしくランチ、のんびり者のニュージーランド人はおやつ休憩」です。これでNZとの時差のイメージは完璧です!

またニュージーランドには夏時間(サマータイム)があり、09月の最終日曜日から翌年4月の第1日曜日までは日本との時差が4時間になります。これも便宜上、10月から03月までの時差は4時間と覚えておくと便利です。

このサマータイム、ニュージーランドでは Daylight saving(デイライト・セービング)と呼ばれています。また時刻は深夜0時を境に変わります。

航空チケットの時差の取り扱い

航空チケットの時差の取り扱い

ここで気になるのが航空チケットの時刻表記です。例えば日本を02:00AMに出発してニュージーランド到着が17:00というチケットは、何時間のフライトになるのでしょうか?

この場合、フライト時間は(17時 – 2時)- 時差の3時間 = 12時間です(サマータイム中ならば11時間)。

つまり航空チケットは時差込みの現地時刻で表記されていますので、チケットに17:00着と書いてある場合は「ニュージーランドの時計が17:00を指している時に到着する」のです。

同様に経由地がある場合、その離発着時刻は経由地空港の時計が指す時刻で表記されます。