NZ入国審査、4つだけは覚えておく!ニュージーランドの入国管理でよく聞かれる質問と回答の参考例

ニュージーランドの入国審査は一部自動化されていますが、任意に入国者を選んで対面式の質問を実施しています。それで初めての海外の方や英語が苦手な方はどう回答したら良いのか不安にお感じかと思いますが、質問内容は大体決まっていますので心配ありません。

このページではニュージーランド税関のガイドラインを基に入国審査官に聞かれる代表的な質問内容とその回答例を書いていきますので、事前準備の参考にしてみてください。

1.ニュージーランド入国と滞在の目的

ニュージーランド入国と滞在の目的

What’s the purpose of your visit?(滞在の目的はなんですか?)
Business or sightseeing??(仕事ですか?観光ですか?)

入国審査でまず聞かれる基本の質問であり、この回答とビザの目的が違っていると入国できません。たとえば観光ビザなのに「仕事目的です」と答えた場合は重大なトラブルになります。

さざんくろす君

特にワーキングホリデービザは注意が必要です。ワーホリ滞在の主目的は「ホリデー(観光)」ですので、仕事や就学が目的というのは少し違ってしまいます。

入国目的の回答例

「Sightseeing.(観光です)」
「Holiday.(休暇です)」
「To study.(就学です)」

長い文章で答えても良いのですが、ニュアンスが上手く伝わらずに勘違いされてしまうのが怖いです。入国目的は入国審査官が一番気にしている部分ですので、シンプルな受け答えがベストです。

2.ニュージーランドの予定滞在期間

ニュージーランドの予定滞在期間

「How long will you be staying?(どれくらい滞在しますか?)」
「How long will you stay in New Zealand?(ニュージーランドにどれくらい滞在しますか?)」

これも入国審査で聞かれる基本の質問であり、この回答がビザの有効期間を超えていると入国できません。たとえば1年の学生ビザなのに「5年はニュージーランドに居たいです」と答えた場合は重大なトラブルになります。

さざんくろす君

ワーキングホリデーで延長を考えている場合や、最終的には永住権を目指している学生は注意が必要です。聞かれているのは「未確定な将来の予定」ではなく「確定している滞在期間」である点、ご注意ください。

予定滞在期間の回答例

「For 10days.(10日間です)」
「14days.(14日間です)」
「Ten weeks.(10週間です)」
「One year.(1年間です)」

これもシンプルな受け答えがベストです。よくあるパターンで「このビザでは1年だけど、チャンスがあれば就労ビザに変更して5年くらい滞在しようと思っている」といった回答はトラブルになりがちです。

3.ニュージーランド国内の予定滞在住所

ニュージーランド国内の予定滞在住所

「Where will you stay?(どこに滞在しますか?)」
「Have you booked a hotel?(ホテルの予約はありますか?)」

これも入国審査で聞かれる基本の質問であり、この回答が不明瞭ですとトラブルになります。また入国カードに書いた住所と違う住所を申告した場合も問題になります。

予定滞在期間の回答例

「I’ll stay at ABC hotel.(ABCホテルに泊まります)」
「ABC hotel.(ABCホテルです)」
「Homestay.(ホームステイします)」

これもシンプルな回答で。またサポート書類としてホテルの予約確認書や学校発行のホームステイ書類を提示できますと完璧ですので、重要書類は事前に印刷しておきましょう。

4.帰りの航空チケットやニュージーランド出国予定について

帰りの航空チケットやニュージーランドを出国予定について

「Do you have a return ticket?(帰りのチケットはありますか?)」

訪問者ビザ(いわゆるビザ無し渡航)であればまず確実に聞かれ、ワーホリや学生ビザでもまずまず聞かれる質問です。この回答がビザの要件から外れている場合は入国できません

さざんくろす君

観光ビザならば復路航空チケットの所持が必須、ワーホリや学生ビザは「往復チケット or チケット購入資金で1000ドル程度」を持っていなければなりません。その他、細かなルールもありますので詳細は入国審査での注意点をご確認ください。

ニュージーランド出国予定の回答例

「I have booked a return flight on 1st of December.(12月01日に帰りの便を予約しています)」
「I have enough money to buy a return ticket.(復路航空チケットを購入する十分な資金を所持しています)」

またこれと合わせてニュージーランド滞在中の生活費の所持を聞かれることがあります。その際は航空チケットは印刷して提示する必要がありますし、銀行残高証明なども印刷して提示するなどで対応します。

入国審査デスクではスマホやカメラの使用が禁止されていますので、画面に表示させて確認して貰うのはNGです。重要書類は事前に準備しておきましょう。

ニュージーランド入国審査、その他の注意点

入国審査を抜けた後は国内線の乗り換え、もしくは市内へ移動することになります。

まず空港の乗り継ぎについてはこちらから。

次にオークランド市内への移動方法はこちらをご確認ください。

保険の裏技

それから特にワーキングホリデーだと忘れてしまいがちな保険について、クレジットカード付帯保険との組み合わせの裏技もチェックしておきましょう。

ちなみに「90日までの荷物補償 + 医療費が無制限で補償」という完璧プラン、1年間の掛け金はわずか519~623ドルです(約3.6~4.4万円、1NZドル=70円計算。激安です。

その他、観光ビザや学生ビザのおすすめパターンなどもご紹介していますので、これを機会に以下をご確認ください。

ニュージーランド入国審査、その他の注意点

告知|新型コロナウィルスのニュージーランド留学とワーキングホリデーへの影響

ニュージーランドの学生ビザとワーキングホリデービザについて、審査再開の目処はたっていません。今後また新型コロナ情報に動きがあり次第以下のページで一括してお知らせいたしますので、これを機会にブックマーク登録をお願いします。

おすすめ|情報強者の出発準備

留学する人にも、しない人にも。
留学する人にも、しない人にも。

以下、「知らないと損をする系」の情報です。

その中でも特にクレジットカード付帯の無料保険と現地保険の効率的な保険の組み合わせパターンと日本の年金や住民税の節税マニュアルは知っておくだけで10万円単位の節約に繋ります

あとで後悔しないために、この2つだけはチェックしておきましょう。