現地スタッフが撮った画像付き!日本語で分かりやすいオークランド空港の国際線ターミナルの地図、マップ

日本からオークランドへ航空便は全てオークランド国際空港ターミナルに到着します。つまり直行便も経由便も到着空港は同じです。

以下のAuckland空港が配布している公式マップ(案内地図)を参考にしつつ、現地スタッフが実際に撮った画像で到着日の流れをご確認ください。

オークランド空港の国際線ターミナルのマップ

まずは以下の空港のマップ、日本語版をご確認下さい。

オークランド空港マップ 1階部分
オークランド空港マップ 2階部分

マップでは「国際線ターミナル / 1階」と書かれていますが、ニュージーランドではグランド・フロア(Ground Floor)と呼称します。同様に2Fの出発ターミナルはファースト・フロア(First Floor)と呼ばれています。

また以下にPDFファイルを上げておきます。こちらは細部まで拡大できますし、またA4紙横向きの印刷に適しています。

拡大して細部まで確認する際も、上記のPDFファイルの方が便利です。

オークランド空港の到着日の流れ

海外からオークランドに到着 ⇒ 飛行機を降りた後は【入国審査】、【荷物の受け取り】、【税関チェック】の手続きがあり、最後に到着ゲートから到着ロビーに出ます。

そして次の画像がオークランド国際空港の到着ロビー、お迎えが待機しているロビー側から到着ゲートを撮影しています。

オークランド空港 国際便到着ゲート前

留学や観光ツアーで空港お迎えサービスを設定している場合、ゲートを出てすぐ左手にお迎えスタッフが待機しています。落ち着いてご自身のお名前が書かれたボードをお探し下さい。

さざんくろす君

このゲートから離れますと、お迎えスタッフがあなたを見つけづらくなってしまいます。また以下の画像はゲートから徒歩2秒の位置からお迎えスタッフを撮影、奥にマクドナルドの看板が見えます。

オークランド空港 国際便到着ゲート お迎えスタッフ待機場所

到着後、まずは両替です

「お迎えスタッフと合流 ⇒ 車に乗る前」、もしくは「空港バスに乗る前」に空港内のATMで当座の現金を引き下ろします。クレジットカードやデビッドカードを利用して200~300ドルをご用意下さい。

さざんくろす君

空港は為替レートが高目ですので2万円程度で十分です。またクレジットカードをお持ちでない場合は、両替所をご利用ください。

留学生は空港で現金を作っておかないと月曜にホームステイ先から学校に向かうバス代がありませんのでご注意ください。基本、NZの住宅地にATMはありません。

オークランド空港内のATM

時間の余裕があったらSIMカードを購入します

次にゲートを出て左方向、徒歩1分の位置に vodafone の携帯電話ショップがあります。留学をしない & 時間に余裕がある場合はここでプリペイドSIMカードを購入しても良いでしょう。

ただしシティ中心部のスーパーやホテルの周辺のショップでもSIMカードは売っていますので、大荷物を持って時差ボケもある中で無理に買う必要はありません。宿で落ち着いてシャワーを浴び、散歩がてら近所のショップでカードを購入 ⇒ ゆっくりと初期設定をするのがベターです。

さざんくろす君

購入は「プリペイド・シムカード、20ダラー トップアップ」と言えばOKです。それで20ドルがチャージされている電話番号付きのSIMカードを購入できます。SIMカード代込みの通常価格は25ドル程度、クレジットカードで支払えます。

オークランド国際空港 vodafone

留学する場合もSIMカードの購入は「時間 & 余裕がある場合のみ」です。ホームステイなりホテルなりにはWiFiがありますので、SIMカードが無くてもLineやメールが可能です。また買うにしても購入のみにして、設定はホストファミリーと一緒にやりましょう。なんだかんだ、仲良くなる切っ掛けになります。

またSIMカードを買った場合、プランを指定しないとあっという間に20ドルを使い切ります。たぶんLine20~30分と通話2-3分で使い切るだろうと思います。

ですからSIMを買ったらまずは空港のWiFiを利用してVodafone の公式ページの最下段からアプリをダウンロード ⇒ PrePay の MyFlex プランを選んでおきます。

その上でプランを以下の画像のように設定しておけば、20ドルで1.75ギガ + NZ国内の50分の通話 + 番号メール50通を使えます。

Vodafoneの設定
さざんくろす君

しつこいようですが、特に留学生は焦って買わなくてOKです。「授業開始後、放課後にクラスメートと一緒に放課後にSIMカードを購入 ⇒ 使い方を教えてもらう」というのが、現地での友達作りの王道です。

オークランド空港でトラブルが発生した場合は案内デスクにご相談ください

またゲートの右前方50m程度、vodafoneショップからですと30m、エスカレーター前に空港案内デスクがあります。もしもトラブルが発生した場合などは、こちらの空港スタッフが対応してくれます。

オークランド国際空港 案内デスク
さざんくろす君

留学生でお迎えスタッフと会えない場合も、この案内デスクにご相談ください。学校が発行したホームステイ先に関する書類を提示 ⇒ 空港スタッフが弊社なり学校なりに電話連絡してくれます。特に英語が話せなくても大丈夫ですので、ご安心ください。

空港から市内への移動

留学生はニュージーランド・ドルの現金を作った後にお迎えスタッフの車に乗ってホームステイ先に向かいます。特に難しいことはありません。

空港お迎えスタッフとの待ち合わせ

そして留学をしないワーキングホリデー・メイカーは空港バスや空港シャトルで市内に向かうのが一般的です。この点は以下にまとめましたので、ご確認ください。

また国内線に乗り継ぐ場合は以下のページをご参照下さい。

保険の裏技

それから特にワーキングホリデーだと忘れてしまいがちな保険について、クレジットカード付帯保険との組み合わせの裏技もチェックしておきましょう。

ちなみに「90日までの荷物補償 + 医療費が無制限で補償」という完璧プラン、1年間の掛け金はわずか519~623ドルです(約3.6~4.4万円、1NZドル=70円計算)。激安です。またニュージーランド到着後の加入も問題ありません。

その他、観光ビザや学生ビザのおすすめパターンなどもご紹介していますので、これを機会に以下をご確認ください。

空港から市内への移動

告知|新型コロナウィルスのニュージーランド留学とワーキングホリデーへの影響

ニュージーランドの学生ビザとワーキングホリデービザについて、審査再開の目処はたっていません。今後また新型コロナ情報に動きがあり次第以下のページで一括してお知らせいたしますので、これを機会にブックマーク登録をお願いします。

おすすめ|情報強者の出発準備

留学する人にも、しない人にも。
留学する人にも、しない人にも。

以下、「知らないと損をする系」の情報です。

その中でも特にクレジットカード付帯の無料保険と現地保険の効率的な保険の組み合わせパターンと日本の年金や住民税の節税マニュアルは知っておくだけで10万円単位の節約に繋ります

あとで後悔しないために、この2つだけはチェックしておきましょう。