ニュージーランドへの食品の持ち込み

ニュージーランドへの食品の持ち込み

食料品をお持ちの際は、飴一つであっても申告しなければなりません。
具体的には入国カードで食品の持ち込みを申告し、荷物チェックで税関職員に食品を見せ、詳細を説明します。

また申告を怠った場合、それが故意であってもなくても、まずは400ドルの罰金があります
更に別室での取り調べや質問、ケースによっては身体検査や特別な検査も行われます。

ちなみに食品には持ち込めるものと持ち込めないものがありますが、きちんと申告させすれば、持ち込めない食品を持っていること自体に大きな問題はありません。
ただし持ち込めない食品をその場で廃棄ボックスに捨てない限り、入国はできません。

近年、ニュージーランドへの食品持ち込みの取り締まりは厳しさを増しています

近年、ニュージーランドへの食品持ち込みの取り締まりは厳しさを増しています

農業と酪農が盛んなニュージーランドでは、防疫上の観点から食品の持ち込みを厳しく規制しています。

ですからニュージーランド入国時には味噌や醤油などの食材は勿論の事、ポケットの中のガムや飴、成田空港で買ったお土産用のチョコレートなども事前に申告する義務があります

またその申告を怠って荷物の中から食品が出てきた場合、まずは即金で400ドルの罰金となります。

更に食品の種類や量、それから職員に対する振る舞いによっては、更なる罰金や起訴、そして入国拒否に発展する事もあります。

申告書(入国カード)は飛行機内で客室乗務員さんから貰えますので、到着までに機内で記入しておきます。
また具体的な申告方法は入国カードで「食品(調理済食品、未調理食品、生もの、保存食品、加工食品、乾燥食品を含む)」に「はい」と答えるだけです。それで申告は完了です。

キーワードは「ニュージーランドの農業に害があるかどうか?」です

キーワードは「ニュージーランドの農業に害があるかどうか?」です

ニュージーランドへの食品持ち込みはとても厳しいものですが、それでも食料品の持ち込みは可能です。
例えば成田空港で買ったお土産のチョコレートやクッキー、近所のスーパーで購入した開封していないお菓子、味噌、醤油、煎餅、お茶などが問題になる事はまずありません

あ、その辺の食品は持ち込めるの?

原則、持ち込めます。
きちんと入国カードで申告 ⇒ 税関職員さんにチェックして貰えば大丈夫です。ニュージーランド税関のチェックポイントを大まかにいえば、「開封していない工場製品」を「きちんと事前申告しているか」の2点になります。

じゃ、具体的にどういう食品が問題になるの?

まず生花や生肉、魚、野菜や果物がNGです。
次に食べかけのチョコレートやお菓子など、食べかけのものもアウトです。
またむき出しの漢方や薬膳系の食材、ドライフラワーや植物の種子なども持ち込めません。

それ以外にも手作りの食品は基本NGです。また工場で作られていても「紙で包まれているだけ」といった「密封されていない製品」も持ち込めません。

つまりざっくりで言えば、「虫がついている可能性があるもの」は全てアウトです

ちなみに日本人はご家族の手作りの漬物やお菓子でトラブルになるケースが多いそうです。
たとえ密封機やジップロックなどで密封処理していたとしても、原材料の公的表示が無いものは基本的には持ち込めませんので、ご注意下さい。

以上を踏まえつつ、厳密に法に照らしますと、ニュージーランドに持ち込める食品は皆無です。
つまり全ては「税関職員のお目こぼし」という体裁をとっていますので、たとえ密封された製品であっても税関職員が「これは持ち込めない」と判断すれば、その場で廃棄しなければなりません。

もしも問題になったらどうなるの?

繰り返しになってしまいますが、「工場で作られた未開封の製品」を持ち込み、それをきちんと「入国カードで申告」しているのならば、まず問題になりません。またもし問題になったとしても、大抵はその場で廃棄処分になるだけです。

ただし何かを隠していた場合、とても大きな問題になります。

実際、税関職員を騙すのは不可能です。彼らはプロですので、何かを隠そうとしても必ず全て見破られます。そして例えば事前申告をせずに荷物から食品が出てきた場合、まずは400ドルの罰金 & 別室送りです。

また別室ではニュージーランド税関職員の本気 & 西洋社会における宣誓の重さを知ることになります。言い訳は1ミリも通用しませんし、完全に大人な対応をされます。かなりキツイです。

まとめ:ニュージーランドへの食品の持ち込み

繰り返しになってしまいますが以下は絶対のルールという事ではなく、あくまで目安です。正確な所は入国当日、税関職員の前に立つまで分かりません。
それでも以下の条件を全てクリアしていれば、大抵のケースで問題にはなりません。

  • 入国カードで「食品の持ち込みがある」と申告している
  • 肉、野菜、乳製品、果物など、生ものではない
  • 弁当やサンドイッチなど、すぐに食べられるものでは無い
  • 家族が作った漬物やお菓子など、手作りの食品ではない
  • 工場で作られた製品で、完全に密封されている
  • 販売目的など、大量ではない

以上より事前に申告しているのであれば、たとえば市販のポテトチップスや空港で買ったお土産用のお菓子、醤油、味噌、カレー粉などで止められる事はまずありません。
しかし逆に手作りの食品や封の開いた製品、生の果物や乳製品を使ったお菓子などは持ち込めません。

また量や重さについて「具体的にこれくらい」という記載はありませんが、目安として5~6kg程度に留めておくのが一般的です

その他、間違えて飛行機内からクッキーやバナナを持ってきてしまった場合もご安心下さい。飛行機を降りた後、荷物検査場までに食品を捨てる為のゴミ箱が沢山あります。

いずれにせよ正しく申告する気持ちがあるのなら、怖がる必要は一切ありません。税関職員は嘘とうっかりミスの違いを見抜くだけの、スキルと経験を持っています。

タイトルとURLをコピーしました