NZ留学とワーホリに強いクレジットカード

NZ留学でお勧めのクレジットカード

ニュージーランドへの留学やワーキングホリデーで使うクレジットカードを選ぶ際のポイントは、以下になります。

  • VISA、もしくは Mastercard で作る
  • 年会費が無料
  • キャッシングを含む海外利用が可能
  • 海外キャッシングの返済方法を「一括」にできる
  • 海外ショッピングのポイント還元率が高い

その他、比較サイトでは海外旅行保険についてを細かく書いていることも多いのですが、ニュージーランドの留学中は法律により有料の保険に加入する義務があり、またワーキングホリデー中も医療費無制限補償の保険加入が基本です。

ですからニュージーランド留学とワーホリ中のクレジットカードは、為替レートや手数料に注視することになります。

以上を踏まえつつ、おすすめのクレジットカードについて考えていきます。

ニュージーランドの利用に適した、最強のクレジットカード

まず第一に、ニュージーランド国内で強いクレジットカードは VISAとMastercardです
この2つであればスーパーやコンビニ、ガソリンスタンドや公共施設、またカフェやレストランやオンラインまで、大抵のお店で使えます。

ニュージーランド国内で強いクレジットカードは VISAとMastercardです

・・・ということで逆に JCB、ダイナース、AMEX は使えないケースが多いので、NZ留学やワーホリでは選択肢になりません。

そして年会費やポイント、為替レートや手数料を細かく比較してみますと、基本的には海外利用が最強な「セディナカード Jiyu!da!」をメインにしつつ、サブで楽天カードを持つのがお勧めです

いずれも特別な設定をすることなくニュージーランド国内で使えますし、また現地の大手銀行のATMを利用したキャッシング(ニュージーランドドルの引き下ろし)が可能です。

例えばイオンカードは海外キャッシングがリボ払い固定ですし、エポスカードはATM利用手数料が発生します。
それに対してセディナカードは利用前に一手間あるものの、キャッシング時のATM利用手数料が無料(!)でショッピングの為替レートとポイント還元率も良く(海外ショッピング利用時は200円ごとに3ポイント)、またポイントの使い勝手が良いのも魅力です。
そして楽天カードは設定変更無しでほぼほぼ最適な運用ができる、初心者向けの良カードです。

そして年齢制限などでクレジットカードを作れない場合は、NEO MONEY カードのような「チャージ式のデビッドカード」が選択肢です。
NEO MONEY カードならば審査もなく、お申し込みから1週間程度でお手元にカードが届きます。

NEO MONEY カードは「チャージ式のデビッドカード」です

NEO MONEY カードはチャージ式のデビットカードですので、厳密にはクレジットカードではありません。
現地ではクレジットカードと同じように使えますが、「為替レートが通常のカードの4%増し」で、「チャージ式」という違いがあります。
ですからこちらはクレジットカードが作れない場合にのみ、選択肢になるカードです。

「海外でも使える国際キャッシュカード」はNGです

よくご質問を頂くのですが、銀行が発行する「海外でも使える国際キャッシュカード」はセキュリティ面にNGです。正直、海外留学やワーキングホリデーには適していません。
この点は以下のページに詳細をまとめましたので、ご確認下さい。

クレジットカード、海外で利用時の注意点

クレジットカード作成の注意点

紛失や盗難に備え、クレジットカードは最低でも2枚必要です

現地ではどんなに気を付けていても、紛失や盗難被害に遭ってしまう可能性があります。
それに備えて予め2枚以上のカードを作り、1枚はお財布で管理し、もう1枚はパスポートなどと一緒に保管するのが一般的です。

クレジットカードのブランドと基準為替レートの比較

JCBやVISA、Mastercardなどのブランドごとに、「為替レート」は変わります。
前述の通りニュージーランドへのご渡航であればVISAとMastercardの二択ですが、比較してみますと若干、Mastercard の方が為替レート的に有利です

ちなみに両ブランドの為替レートは、以下の公式サイトで公開されています。

それでも念の為、Mastercard と Visa の両方でカードを作っておきましょう。ケースによっては、Visa しか使えないシーンがあるかもしれません。

クレジットカードのキャッシング枠について

海外滞在中はショッピングだけではなく、現地ATMでキャッシングを使います。
このキャッシング枠の上限は初期設定で5万円程度になっていることもありますが、最低でも10万円、できれば20万円は欲しい所です

ちなみに枠の増額はカード発行後、サポートセンターから申請できます。海外に行く事情を説明しますと、割と認めて貰えます。

クレジットカードを作成するタイミング

航空チケットを購入する際に大きなポイントを獲得出来ますので、余裕を持って出発の4か月前までに申請しておきます。ちなみに申請からカード発行までは通常、1~3週間程度です。

クレジットカードを作成するタイミング

滞在中にカードの有効期限が切れてしまう場合

すでにクレジットカードをお持ちの場合は、必ず有効期限をご確認ください。
また海外渡航中に有効期限が切れてしまう場合はサポートセンターに相談して、新しいカードをご依頼ください。通常、2~3週間でお手元に新カードが届きます。

再発行手数料で1000~2000円掛かることもありますが、基本的にはどのカード会社でも対応して貰えます。

もしくはこれを機会に新しくカードを作るというのも、良いアイデアです。

海外利用の状況、お支払方法を確認します

カードによっては初期設定で海外利用不可になっているケースがありますので、念の為にサポートセンターに連絡をして状況を確認しておきます。
またお支払い方法は1回払い(もしくはリボの「全額払い」)にしておくのが一番お得ですので、これも確認 / 変更しておきます。

お支払方法はオンラインで確認 / 変更できますが(例えば楽天カードであれば e-navi から確認できます)、よく分からない場合はサポートセンターに連絡をして確認して貰いましょう。

ニュージーランド留学、ワーホリで有利なクレジットカードの比較

セディナカードJiyu!da!

セディナカード

年会費
永年無料
海外ATM利用手数料
無料(ただし現地のATM所有者による「ATMオーナー手数料」が掛かるケースがあります)
海外ショッピングの事務手数料
2.2%(キャッシングは0%)
海外ショッピングのポイント還元率
200円につき3ポイント。
ポイントはamazonギフト券やセブンイレブンなどで使えるnanacoポイントに、1ポイント = 1円で交換できます。
新規加入キャンペーン
ショッピング利用額に応じて最大1万円、公共料金の支払い指定で5000円のポイントプレゼントなど、随時キャンペーンを行っています。
注意点
リボ払い専用カードです。
ただしカード発行後に「全額払い」に変更することで、リボ払いのデメリットを回避できます。

セディナカードJiyu!da!は、三井住友フィナンシャルグループ(SMBC)傘下のセディナが発行するクレジットカードです。

「海外キャッシング利用」「クレジットカード」「最強」で検索すれば上位に出てくる有名なカードで、「海外ATMの手数料が(大抵のケースで)無料()」&「オンラインを利用して繰り上げ返済できる」という、海外キャッシングに特化したクレジットカードです。

たとえば1万円を海外キャッシング ⇒ 3日後にオンラインから最速で繰り上げ返済した場合、利息と手数料の合計を最小で15円程度(!)に済ませられます。
また繰り上げ返済をしなかった場合も、1万円の利用に掛かる利息は150円程度です。

セディナカード自体は海外ATM手数料を取りませんが、現地のATM所有者による「ATMオーナー手数料」が掛かるケースがあります。
ちなみに2019年10月末現在、ニュージーランドのANZ銀行のATMであれば手数料は無料です。

また海外ショッピングのポイントは200円につき3ポイント = 還元率は1.5%ですので、還元率1.0%の楽天カードより有利です・・・が、海外ショッピングの事務手数料が2.2%ですので、ショッピングはごくごく僅かながら、楽天カードの方が有利です(1万円の買い物につき5.33円、楽天カードの方が有利です)。

ただし新規作成後は利用額に応じた特別キャンペーンがありますので、基本的にはショッピングもセディナカードでOKです(キャンペーン内容は要確認)。

いずれにせよ詳しい内容はクレジットカードの比較サイトでアレコレと紹介されていますが、とりあえず「海外利用では最強」と紹介されているセディナカードを作っておけば間違いありません。

ただし一点、セディナカードJiyu!da!はリボ専用カードですので、一括払いに変更する為にはカード発行後にリボ払い金額を「全額払い」に設定しなければなりません。
またキャンペーンのポイント獲得条件が多少込み入っていますので(キャンペーンの登録&支払方法の指定など)、この点にも注意が必要です。

セディナカードの加入手続きや注意点は、以下のページをご確認ください。

楽天カード

年会費
永年無料
海外ATM利用手数料
1万円以下は110円/回、1万円超は220円/回
ただし現地のATM所有者による「ATMオーナー手数料」が掛かるケースがあります。
海外ショッピングの事務手数料
1.63%(キャッシングは0%)
海外ショッピングのポイント還元率
1%の楽天ポイントがつきます。
そして楽天ポイントは楽天での買い物で1ポイント = 1円として使えるほか、楽天Edyに換えて日本の街中でも利用可能です。
また特別キャンペーンの利用により、海外ショッピングにはボーナスポイントが付くこともあります。
新規加入キャンペーン
カード加入後にキャンペーン登録&初回利用で、5000~8000円分のポイントのプレゼントがあります(時期によって貰える額が若干変わります)。
注意点
特にありません。

初心者向けの、バランスの良いカードです。
初期設定のまま使い始められますし、普通に使うだけで、ほぼほぼベストな為替レート&ポイントが貰えます。

以上より今までクレジットカードを使ったことがないという方に特におすすめで、また既にカードをお持ちの方にとっては、サブカードとして持っていて損はない仕様となっています。

ちなみに海外ショッピングは100円につき1ポイント = 還元率は1.0%です。
通常のカードよりも還元率が良く、貯まったポイントも使い易く、また海外ショッピングの事務手数料も1.63%と有利な設定になっています。

一般的に「基本のカード」という位置づけですが、調べてみると流行るだけの理由があります。
セディナカードと比べてもショッピングはむしろ楽天カードの方が有利ですし、キャッシングの利息は1万円に対して150円程度 ⇒ ATM利用手数料と合わせて370円くらいです(1回払い、支払いまで30日の場合)。

以上より基本的には、「何も考えずに使っても、そこそこ戦えるカード」です。
個人的にはセディナカードを Mastercard にしてメイン使い、楽天カードをVISAにして予備としておくのをおすすめします。

NEO MONEY カード(ネオマネーカード)

NEO MONEY カード

年会費
無料
海外ATM利用手数料
200円/回。
ただし現地のATM所有者による「ATMオーナー手数料」が掛かるケースがあります。
海外ショッピングの事務手数料
4.0%(キャッシングも4.0%)
海外ショッピングのポイント還元率
ポイントはありません。
キャンペーン
基本的には、ありません。
注意点
為替レートはVISAの公式レート+4%と割高です。また使わなかったチャージ分を日本の銀行に戻す際に、手数料が500円かかります。
その他、チャージする際は必ず「日本円」を選択する必要があります

為替レートに4%乗ってしまう点を考えますと、「クレジットカードを作れない方の為のカード」という位置づけです。

とりあえず審査なしで即発行されるというのが最大の利点であり、代表的なご利用パターンは「ビザ無し(観光ビザ)の短期留学で、クレジットカードを持っていない」というケースです。具体的に、学生の短期留学などがこれに当たります。

それ以外、たとえばワーホリや半年以上の留学であれば現地で銀行口座を開いて TransferWise で送金する方がお得なのですが、それでも現地で銀行口座を開くまでの2~3週間分の生活費を持ち込みは、NEO MONEY カードが第一の選択肢です

ちなみに現地の銀行口座は基本、6か月以上のビザ残存期間が無いと作れません。
例外やラッキーもありますが(NZの銀行には、そういうラッキーがあるんです)、例えば4か月や5か月の学生ビザですと、口座開設を断られてしまうケースが多いです。

それからチャージ式ですので、使い過ぎや盗難 / 紛失の不安なく使えるのも大きな利点です。
日本の銀行からこまめにチャージすることで、安全性を確保できます。

クレジットカードよりは劣っているものの、現金持ち込みや国際キャッシュカードに比べて為替レート / 手数料が安く、安全性も高いです。
クレジットカードをお持ちでない方は「 TransferWise と NEO MONEY カードの二本柱で資金を持ち込む」ことになります。

まとめ:NZ留学とワーホリに強いクレジットカード

いかがでしたでしょうか。
まず第一に、ニュージーランドで使えるのは Mastercard と VISAカードです。JCB や AMEX は使えるシーンが限られますので、選択肢から外れます。

またクレジットカードは海外キャッシングに強いセディナカードが最強で、全体のバランスで考えますと、楽天カードが次点に入ります。
個人的にはセディナカードを Mastercard にしてメイン使い、楽天カードをVISAにして予備としておくのをおすすめします。

そしてクレジットカードを作れない場合は、NEO MONEY カードが最良の選択肢です。
現金持ち込みや国際キャッシュカードの利用は避け、TransferWise と絡ませて考えるのがベストです。

次にカードの管理について、ニュージーランド滞在中は一枚をお財布で管理、もう一枚をスーツケースに保管することで紛失リスクを分散出来ます(NEO MONEY カードしかない場合は、スーツケースで保管する方が多いです)。

以上を参考に、あなたにとってベストな資金持ち込み方法を考えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました