出発前の手続き

ビザ申請

学生ビザのオンライン申請方法

画像の通り、ニュージーランド留学の学生ビザ申請はオンライン申請が便利です。ニュージーランド移民局サイトの学生ビザのオンライン申請ページからWEB申請し、健康診断を指定医(Panel Doctor)からeMedicalでオンライン提出し、電子ビザのeVisaを取得します。ニュージーランド留学の学生ビザ申請に必要書類はパスポート、入学許可証、滞在資金の証明などになります。
2020.01.20
ビザ申請

ワーキングホリデービザ申請方法

参考画像の通り、ニュージーランドのワーキングホリデービザ申請手順は全てオンライン申請です。この流れでニュージーランド移民局サイトのワーキングホリデービザのオンライン申請ページからオンライン申請し、健康診断を指定医(Panel Doctor)にてeMedicalでオンライン提出し、ワーキングホリデービザ自体も電子ビザのeVisaで発給されます。
2020.01.20
現地での必須手続き

NZの海外保険、Orbit(オービット)社の一般プランの加入方法

画像にて、ユニケアより安い事で有名なOrbit社/一般プランの加入方法をご紹介。ニュージーランド ワーキングホリデー滞在中の最強の現地格安保険、Orbit社の海外保険はオンラインで加入出来ます。ニュージーランド滞在中にも加入手続き可能で、医療費無制限補償の超格安の海外旅行保険です。
2020.01.10
NZ滞在中の保険

NZの留学保険、Orbit(オービット)社の学生プランの加入方法

画像にて、NZ留学/ワーホリ留学中の格安学生保険の加入方法をご紹介。ユニケアより安く手厚い補償で有名なOrbit社の学生保険はオンラインで加入出来ます。またこの学生保険はニュージーランド滞在中にも加入手続き可能で、医療費無制限補償の海外保険として注目が集まっています。
2020.01.10
NZ滞在中の保険

ニュージーランド滞在中の海外保険のまとめ

Orbit社の保険は治療費が無制限補償、掛け金はユニケアよりもお手軽です。一般プランと学生プランの2種類あり、ワーホリビザ、学生ビザ、訪問者ビザでの滞在をカバーします。学生プランは学校を通じた加入も可能で、まさかの際には学校デスクからのヘルプがあります。
2020.01.10
重要書類と役所関係

日本のマイナンバー(個人番号)の取り扱い

ニュージーランドへの留学やワーキングホリデーには、意外とマイナンバーが必要です。NZの銀行口座を作る際や働く際に必要なIRDカード申請にマイナンバーが必要になり、また日本から海外送金/銀行送金をする際にもマイナンバー(個人番号)が必要です。
2020.01.04
重要書類と役所関係

パスポートの有効期限と申請方法

パスポートは各都道府県庁の旅券課やパスポート担当窓口に申請します。申請書、戸籍謄本、住民票の写し、写真1枚、免許証などの本人確認書類、申請料金(10年有効で16000円)が必要です。
2020.01.04
ビザ申請

観光ビザ(ビザ無し)のNZ留学とNZeTAの申請方法

3か月未満の滞在であれば事前にニュージーランドのビザを申請する必要がありません。ニュージーランド到着時に3か月有効の訪問者ビザ(観光ビザ)が発給され、それで3か月までの観光と留学が許可されます。
2019.12.01
重要書類と役所関係

国際免許証や日本の運転免許証を使い、ニュージーランドで運転する

ニュージーランドでは国際運転免許証の使用が認められています。国際運転免許証を運転免許証交付センターで取得する方法と、ニュージーランドで運転する際の注意点をご確認下さい。
ホームステイ、寮、シェア等

ニュージーランドの学生寮について

ニュージーランドの学生寮はシェアハウスと同じです。基本としてはご自身でフラットを探した方が安上がりですし選択肢の幅も広がりますので、基本としてはお勧め出来ません。
タイトルとURLをコピーしました